B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

Workday

ワークデイ株式会社の提供するタレントマネジメントシステム「Workday」について、システムの特徴や導入事例、口コミでの評判などをまとめています。

Workdayの特徴

グローバルコンプライアンスにも対応しているWorkday。グローバリゼーションへの対応を軸にした設計とプライバシーを守るコミットメントにより、社員と顧客の信頼を築きます。Workdayの特徴は以下の通りです。

  • グローバルを前提としている
  • お客様のニーズに応じたコンプライアンスを提供
  • コントロールを重視したシステム
  • 法令が変更されても迅速に対応できる

世界各国の組織をサポートするのを目的に構築されたWorkdayは、コンプライアンスを満たしつつ柔軟に設計されているため自在にカスタマイズをすることができます。グローバルに活用されることが前提となっているので、地域設定や日付表示形式、プライバシーの設定など、さまざまな機能が組み込まれているのが特徴的です。複雑な暗号でデータを保護しながらも、35の言語で自動翻訳を提供することができるでしょう。

また、最適なソリューションをお客様がビジネスで活用できるよう、240の国と地域で手助けをしています。更新情報は世界中の58の司法管轄区で法律の専門家により提供されています。

加えて、いまビジネスが必要としている、コントロールが的確なシステムを実現。Workdayは各プロセスのきめが細かいので必要な場面で適切にコントロールすることができるのです。Workdayは労働協約を整備するにあたり、ガイドラインをきちんと設定しているため機能を運用する世界や地域に合わせてカスタマイズすることもできるでしょう。

さらに、1,700以上もの標準レポートに加え、250以上の休暇や休職プランが準備されています。HR、給与計算、トラッキングには事欠くことはありません。デバイスが何であっても、データの分析やレポートの作成はリアルタイムで実行することができ、地域の拠点事に非表示設定や必須項目を変更することも可能です。なお、将来制定される法令や、GDPR、ACA、OFCCP、RDPなど、Workdayは人事のコンプライアンスを確保するために求められる基盤を適用しています。アプローチはプライバシーバイデザインにし、ビジネスプラクティスやスタンダードを採用しています。システムを先取りして採用をすることで、プライバシーの保護を強化しているのです。個人情報は非公開情報として必ず保護されるでしょう。

Workdayはどんな課題解決に役立つのか

ビジネスの状況を一目で把握できるようにしたい

Workdayは会社やコストセンターといったさまざまな組織区分を活用しているため、一カ所に正社員と臨時従業員を表示することが可能です。どのデバイスからでも組織図にアクセスすることができるので、いつでも他の社員と協力しながら、組織の変更、モデリング、プランニングなど、把握することができるでしょう。

詳細な監視機能を用いてプロセスやトランザクションの状況を監視したい

チームが独自でプロセスを定義したり、カタログを使用したりして手際良く設定を定義できるWorkday。条件付きのロジックを追加すればスムーズに状況を管理することができます。

国や地域の設定や用件を自動化し、グローバルに運用したい

Workdayはセキュリティとプライバシーを守り、コンプライアンスを向上させることが可能です。グローバルワークフォースのランザクションと連携すれば、ローカルレベルで運用することができます。

機能別に比較
タレントマネジメントシステム
24ツール

Workdayの導入費用

  • 無料

Workdayの導入事例まとめ

【事例1】情報を一元化して投資額を回収

企業Hは、人事システムで構成される86もの異なる環境により、情報が入り組んでいるという課題を抱えていました。6年に1度のアップデートで、費用はおよそ1億1000万ドル。ユーザビリティを改善することが熱望されていたのです。そして導入されたのがWorkday。世界の全社員に対して一元化された情報を提供することを実現し、データドリプンな意思疎通ができるようになりました。タレントマネジメントを向上させ、人材配置のニーズにも迅速に対応。戦略的に解放されたITリソースを活用し、3年足らずにかかった投資額を回収することができたそうです。

参照元:Workday公式 https://www.workday.com/ja-jp/customers/hewlett-packard.html

【事例2】情報の可視化がコストの削減につながった

患者のニーズに合わせて治療ソリューションを考案している企業S。世界的な減るスケアリーダーである企業Sは、600を越えるレガシーアプリケーションとのプロセスが存在し、人材の可視化が困難になっていました。特に部門を越えた情報の把握が難しく、新しく人事部門からキャリアの能力開発が必要とされる事態に。そこで、企業SはWorkdayを導入しました。クラウドベースのモデルを元に、全体的にコストを圧縮し、初期投資を削減。結果、人事機能の統合性が高まり、人材を有効的に活用できるシステムが実現されました。より意志決定や計画の精度が高まったのもWorkdayの導入の効果です。また、簡単にモバイル機器からアクセスができるため、社員とマネージャーが直接人事部門と連携をとれる環境に。人事部門が背負っていた雑務を大幅に削減できました。

参照元:Workday公式サイト https://www.workday.com/ja-jp/customers/sanofi.html

まとめ:混在する情報を可視化・一元化することの重要性

Workdayを導入した企業は、グローバルな企業であったり、部門の垣根を越えて情報のやりとりをしていたりなど、情報が混在しているという問題を抱えているようでした。情報の混在は、人材を上手く扱えない要因になり、結果ムダな費用や手間をかけることにつながります。Workdayを導入して情報を的確に把握すれば、人材機能が向上し、人事部にかけていたコストを減らすことが出来るようです。

Workdayのサービスの評判をリサーチ

勤怠や成果管理に最適

クラウド上で自分の給料や勤怠管理出来るので使いやすいです。一般社員からの意見ではありますが、アプリでも管理出来るので、場所を選ばないで勤怠管理を行えるのが良いところだと思います。

参考元:NEC公式サイト https://jpn.nec.com/sap/case/index.html?

Workdayの運営会社:「ワークデイ株式会社」について

ワークデイ株式会社は人事や財務のプランニングに対応し、課題の解決をサポートするシステムの提供を行っています。クラウドHCMに関する製品や、人事戦略に特化した製品が魅力です。

  • 会社名:ワークデイ株式会社
  • 所在地:東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル 7 F
  • 設立:2013年8月9日

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3