B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

スマートカンパニー

スマートカンパニーの公式サイトキャプチャ
引用元:スマートカンパニー
https://www.smartcompany.jp/

人事に必要な様々な機能を1つのシステムに集約し、人事にまつわる経営課題を解決し事業の成長を支援する高機能タレントマネジメントシステムである「スマートカンパニー」を紹介しているページです。

人事管理システム「スマートカンパニー」の特徴

タレントマネジメントシステム「スマートカンパニー」の特徴は、簡単にまとめると次のようなものが挙げられます。

  • 用途によって独立したモジュールとなっているため、段階的にモジュール単位での追加導入が可能

「スマートカンパニー」では、人事情報、キャリア管理、人事評価、目標管理などのモジュールが独立していて、すべてを一度に導入する必要はなく、必要に応じて段階的に追加で導入することができます。

また、お使いのシステムから社員のマスター情報を取り込めるので、新たにマスター情報を入力する必要がありません。

スマートカンパニーはどんな課題解決に役立つのか

入社からのキャリア情報がまとまっておらず、将来のキャリアプランも不明確

職務経歴や発令経歴を一元で管理することができ、また、短期・中期・長期と言った視点で将来のキャリアプランを登録、さらに詳細な目標を設定することで具体的なキャリアプランを管理することができます。

スマートカンパニーの導入費用

スマートカンパニーの料金は情報がありませんでした。

スマートカンパニーの導入事例まとめ

【事例1】 課題に応じた機動的な解決策

2013年に2社が経営統合する際、大きな課題の1つであった、人事情報の一元的な管理と、その人事情報を活用した適切な人材配置を行う必要がありましたが、「スマートカンパニー」は人事制度の運用をワンストップで実現することができました。

参照元:スマートカンパニー https://www.smartcompany.jp/case/case01/

【事例】社員の向上心を高めるためにスマートカンパニーを導入

ベビーカーやベビーフードなど、乳幼児の育児商品を扱う国内トップブランドのA社。人事評価制度の変更にともない、制度を運用していくためのツールとしてスマートカンパニーを導入。社員に対してツールの啓蒙を強化し、現在では社内に完全に定着したツールとして活用されている。 スマートカンパニーを導入した理由は、一言でいうと社員の向上心を高めることだ。たとえば経営陣が地方の支店を訪れる際、事前にスマートカンパニーで支店のメンバーの情報を閲覧し頭に入れておく。そして実際に支店に到着したとき、経営陣はスマートカンパニーの情報に基づいた声掛けを支店スタッフにおこなう。これにより、支店スタッフは「経営陣がちゃんと見てくれている」と感激するのだそう。 あるいは、システムの中に研修や資格取得のための講座の受講履歴が一目で分かるようにしたとのこと。これにより、社員が向上心を持つきっかけにもなったという。 なおA社には、全社員が共有している理念がある。同社ではスマートカンパニーを通じ、全社員に対してこの理念に応じたレポートを年に2回提出させているという。社員にとっては、自社の理念を振り返る良い機会になっているようだ。 スマートカンパニーを最大限に活かすためのポイントは、成功イメージを明確にすることだ、と同社の担当者は語る。どのような仕組みをどのように運用し、どのような成果を目指すのか。それを明確にすることで、スマートカンパニーは無限に生きてくるという。

参照元:https://www.smartcompany.jp/case/case02

【事例】スマートカンパニーの活用で管理職育成や業務効率化を目指す

全国130を超える自治体と契約し、水道メーターの検針や水道料金の徴収など、水道関連の業務を代行しているB社。130超の自治体の向こう側にいる水道利用者は計3000万人以上。実に日本の人口の1/4にあたる人は、B社のサービスを受けている計算となる。 そんなB社がスマートカンパニーを導入した理由は、管理職の育成にあった。他社との差別化を進めて業界で生き残るためには、社員一人ひとりの力を引き上げなければならない。そのためには、社員を成長させられる管理職の養成が急務。そのような考えのもと、B社は管理職養成のためのツールとしてスマートカンパニーを導入した。 導入後、人事評価に関する考え方やプロセスが大きく変化した。たとえば、昇格や賞与を検討する年1回の人事考課において、上長の評価を部下社員が閲覧できるようにした。このシステムにより、上長は管理職としての力を養成することができ、また部下社員としては自分に何が足りないのかを知ることができる。システムによって双方が成長できる仕組みだ。 実務的にもスマートカンパニーは大いに役立っている。4,000人以上にものぼるパート従業員に行う年に一度の契約更新作業が、スマートカンパニーをカスタマイズすることで、劇的に効率化されるそうだ。ほかにも、人事労務にからむ煩雑な実務の効率化が多く期待されている。 クライアントが自治体ということもあり、ともすると緊張感が抜けがちになる同社の業態。しかしながら、常に人材の育成や業務の効率化を図らない限り、現在の地位を維持し続けることができないと経営者は考えているようだ。スマートカンパニーの導入こそ、同社の未来を左右する大きなきっかけとなるのかもしれない。

参照元:https://www.smartcompany.jp/case/case03

まとめ: 段階的に導入可能なモジュールが戦略人事を実現

「スマートカンパニー」の強みである独立したモジュールは、各社それぞれの実態に応じて必要なものを必要な時に導入することができ、「使えるシステム」として活用されており、さらに誰もが使いやすいシステムとして支持されているようです。

人材管理ツールの導入事例を
もっと見る

スマートカンパニーのサービスの評判をリサーチ

スマートカンパニーの評判は情報がありませんでした。

スマートカンパニーの運営会社:日進サイエンティアについて

株式会社日進サイエンティアは、業界トップクラスの業務知識と品質をベースに、高機能タレントソリューションや、公的機関専用の人事・給与・就業管理ソリューション、システム受託開発サービスを提供しています。

  • 会社名:株式会社 日進サイエンティア
  • 所在地:東京都品川区南大井6-26-2 大森ベルポートB館8F
  • 設立:2008年10月1日

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3