B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

社員の離職率を下げたい

人事業務イメージ

離職率を下げるための取り組みまとめ

離職率の高さに頭を抱えていた企業が、実際に取り組んだ事例をまとめました。

コミュニケーションツールの導入で2年連続離職率が0%

新入社員研修が終了すると、それぞれの社員は全国各地に配属されます。そのため、人事担当者が遠方にいる新入社員をサポートすることに課題を抱えていました。

そこで、コミュニケーションツールを導入し、毎日退勤前に新入社員が今日の状態を入力することで、人事担当者がすぐに状況を把握しフォローすることができるようになり、ツールを導入して2年が経過しましたが、退職した新入社員は1名もいません。

参照元:スマイルスコア https://smilescore.co.jp/casestudy/6477/

テレワークを全社員で実施することで、業務の効率アップと満足度が向上

オフィス内での作業がメインとなるコーポレート部門において導入ができていなかったテレワーク。コーポレート部門においても推進すべきと考え、ルールブックを作成したり、クラウド管理システムを利用したりすることで、コーポレート部門での導入が可能となりました。

残業時間が20~30%削減された上、通勤時間の短縮に伴い自分の時間が増えたことで、社員の満足度の向上につながっています。

参照元:東京都産業労働局 https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/hatarakikata/telework/telework_jirei.pdf

処遇の改善で離職率の低下を目指す

介護職は高度な専門スキルを求められるスペシャリストの仕事なのに、「低賃金」「きつい」といったイメージが世間では浸透しており、人材不足が大きな課題となっており、離職率の高さも問題です。

介護スキルの体系化や、スキルチェックシートの作成、目標管理による評価制度の採用といった処遇改善のために必要な業務を効率的にし、さらに多忙な現場でも着実に運用できるタレントマネジメントシステムを導入しました。

参照元:カオナビ https://www.kaonavi.jp/showcase/snd/

まとめ:取り組みから見えた離職率を下げる鉄則

多様な人材が働く現代において、離職率を下げるためには、企業が社員の多様な働き方に応えて行く必要があります。多様な働き方を可能にするためには、人材ひとりひとりを適切に管理できるような仕組みづくりが不可欠です。

タレントマジメントシステムが、そのような課題解決のための鍵となると言えるでしょう。

機能別に比較
タレントマネジメントシステム
24ツール

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3