B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

MBO Cloud

MBO Cloudの公式サイトキャプチャ
引用元:MBO Cloud
https://www.knowledgewing.com/kcc/talent-management/service/mbo/

MBO Cloudは、社員一人ひとりの個性を生かし、適材適所に配属したり、リーダーや管理職の発掘や人材を行ったりできるタレントマネジメントシステムです。

MBO Cloudの特徴

MBO Cloudの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 社員個人の目標と成果が「見える化」できる
  • ほかのサービスと連携することで人材育成が効率化できる
  • 管理者側の負担が軽減される

MBO Cloudは、社員が入力した目標をマネージャーが閲覧することで、目標に対しての進捗を確認することができます。

個人の目標をマネージャーが確認することができるので、メンバーに対する適切な助言を行うことはもちろん、社員に対する適切な評価を行うことができます。

こちらのシステムは、個人入力機能と管理者機能があり、それぞれに目標を設定したり評価したりすることも可能。社内の人材を一元管理できれば、社内で生まれる不満が減少し、それによって離職率の引き下げに役立つでしょう。

部門ごとの一括管理もできるので、評価のチェックも行うことができるのが魅力の一つ。今後テレワークが進む中で、ますます複雑化しやすくなる人材の管理ですが、MBO Cloudを導入することで、人材管理の負担が軽くなることでしょう。

MBO Cloudはどんな課題解決に役立つのか

適材適所を見極めて上で人材を各部署に配置する

優秀な人材がチームに参加しても、十分に能力を発揮できるかどうかは、チームの環境に左右されてしまうこともあります。

MBO Cloudでは、社員が個別に設定した目標を確認できるので、設定した目標が達成できる部署に移動したり、能力に応じた部署に配置することができます。

そのほか、目標が分かることで、社員一人ひとりの管理が容易になり、適材適所に配属しやすくなるというメリットが生まれるのです。

また、優秀なリーダーもしくは管理職をモデルとし、それに近い能力を持った人材も抽出できますので、より優秀なリーダーや管理職の誕生に一役買ってくれるというメリットもあります。

「どの人材をどの部署に配属するのか?」という課題は、マネージャーの悩みの一つでもありますが、MBO Cloudでは、メンバーの目標が見える化されているので、メンバーの本当にやりたいことに沿った部門への異動が可能になるのです。

優秀な人材を抽出して育成する

MBO Cloudは、ほかのタレントマネジメントシステムと連携することができます。提供されているほかのタレントマネジメントシステムと連携することで、優秀な経歴や実力を持つ人材の中から、特に優れた能力があると認められる人材を抽出して、育成に集中できます。

機能別に比較
タレントマネジメントシステム
24ツール

MBO Cloudの導入費用

MBO Cloudの導入費用は公式HPに記載がありません。、導入を希望する場合には、メールまたは電話でお問い合わせください。

MBO Cloudの導入事例まとめ

MBO Cloudの導入事例は見つかりませんでした。

まとめ:人材育成に役立つシステム

学歴や経歴は採用の指標になりますが、それだけでは社員の性格や潜在能力を含む能力まではわかりません。

MBO Cloudでは、社員の目標や仕事に対する想いを「見える化」することができるので、メンバーのキャリア形成のサポートに役立ちます。

もちろん、部署の業務ごとに適した人材も選出できますので、まさに「適材適所」を実現できるという点も、このシステムの大きな特徴であり、メリットだといえるでしょう。

MBO Cloudのシステムの評判をリサーチ

MBO Cloudの口コミ評判は見つかりませんでした。

MBO Cloudの運営会社:株式会社富士通ラーニングメディアについて

株式会社富士通ラーニングメディアは、MBO Cloudのほかにも、タレント開発に係るあらゆる事業を展開しています。その他、タレントマネジメントシステムを提供しているサイダスとも業務連携を行っているのが特徴です。

  • 会社名:株式会社富士通ラーニングメディア
  • 所在地: 東京都港区港南 2-13-34 NSS-Ⅱビル
  • 設立: 1977年6月30日

参照元:株式会社富士通ラーニングメディア https://www.knowledgewing.com/kcc/talent-management/service/mbo/
https://www.knowledgewing.com/kcc/talent-management/service/#List

参照元:株式会社富士通ラーニングメディア https://www.fujitsu.com/jp/group/flm/resources/news/press-releases/2014/1117.html

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-18:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

要問合せ

月額料金

月額料金 ( 税別 )

要問合せ

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3