タレントマネジメントシステムEXPO » リテンションマネジメント実践ブース » テレワークとリテンションマネジメント
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

テレワークとリテンションマネジメント

会社の離職率を低下させ、優秀な人材を確保するためのリテンションマネジメントは、テレワークが普及する現代で注目が集まっている取り組みの一つです。若い世代が活躍する新しい時代に適応するため、多くの企業が取り入れ始めている考え方です。

テレワークの増加と課題

国が主体となって進めている働き方改革の一つとしてテレワークの普及が進んでいます。通勤時間が無くなることによる効率化などメリットも多いようですが、今までにない新しい働き方に戸惑う人や現場の混乱も少なくありません。働き方が変わることによるデメリットや課題によって、社員のモチベーション低下や離職率の上昇を懸念する声も増えています。

社員同士のコミュニケーション不足

実際オフィスに出社しなくなるテレワークは、自宅やレンタルオフィスなど各社員が好きなスペースで業務に取り組むことになり、どうしてもコミュニケーションは減ってしまいます。コミュニケーションが不足することによる仲間意識の低下、孤独感によるストレスなどを危惧している企業は少なくありません。

オンラインのバーチャルオフィスやチームごとのチャットルームなどさまざまな取り組みも始まっていますが、対面でのコミュニケーションが減ることによる課題は少なくないようです。上司と部下の信頼関係が崩れると、チーム力の低下だけでなく、離職率の上昇にもつながりかねません。

待遇が不公平だと感じやすい

多くの企業がテレワークの導入を始めている一方、同じ企業内でも出勤せざるを得ない部署や役職もあります。機密性の高い情報を扱う職種やオフィスの保持など、テレワークによるメリットがない社員に不公平感が生まれる可能性は少なくないでしょう。

オフィス勤務で電話対応など業務負担が増えることも考えられます。雑務が無いテレワークと比べると、作業が中断されるオフィスワークは業務効率が悪くなることも考えられます。不満や負担が蓄積した社員は、離脱の可能性が高まってしまうでしょう。

成長できる機会の損失

WEB会議やオンライン個別面談など、テレワークでも上司や仲間と相談する機会はゼロではありません。しかし、声をかければ誰かが応えてくれるオフィスワークと比べると絶対的なコミュニケーション量の低下は避けられないでしょう。仕事で行き詰ったときの相談や目指すべきキャリアの悩みなど、先輩や上司から学び成長する機会が減ることを課題に感じている企業が多いようです。

自身の成長を感じられず、仕事がただの「作業」になってしまうと、離職を考える原因となりかねません。

離職防止するリテンションマネジメントの考え方

どれだけ多くの優秀な人材を採用しても、離職率が高いと人材と技術が流出してしまい会社の成長は望めません。優秀な人材が活躍できる環境を整え、会社と良好な関係を築くことで離職を防ぐのがリテンションマネジメントの基本的な考え方です。特に若い世代では給与の高さだけを目的とせず、ワークライフバランスや仕事のやりがいを重視する考えも増えてきています。就職活動の際に企業の離職率をチェックする応募者も増えていて、優秀な人材を採用するためにもリテンションマネジメントは欠かせない取り組みとなっています。

給与水準や待遇の見直しはもちろん、コミュニケーションの活性化による働きやすい環境の整備、成果に対する適正な評価基準など、リテンションマネジメントでは様々な観点から取り組みを進める必要があります。会社の規模や社員の人数によっては、人事システなどを導入して効率よく進める必要があるでしょう。

テレワークにリテンションマネジメントを導入する

リテンションマネジメントの考え方をテレワークに導入する方法を検討してみましょう。実際に行われている取り組みなどの中からいくつかピックアップします。

ピアボーナスで社員同士のコミュニケーションを促進

テレワークで不足しがちなコミュニケーションを促すため、社員同士でピアボーナスを贈りあう取り組みも増えています。ピアボーナスとは仕事の成果に対する評価や手助けに対する感謝など、先輩や同僚へメッセージとともにポイントを贈る仕組みのこと。受け取ったピアボーナスは社内福祉サービスや商品などと交換でき、モチベーション維持にもつながります。

離れていても自然に社内コミュニケーションが増えれば仲間意識を感じることができ、チーム力も維持できます。悩みや不安を相談しやすい環境も整うため、離職する前に思いとどまるなどの効果も期待できるでしょう。

学習機会や評価基準・目標を設定する

成長の機会や実感を得づらいテレワークでは、社員のモチベーションを保つため明確な評価基準や達成すべき目標を設定することが大切です。成長するための道のりや目標を達成することによる評価アップがはっきり見えることでモチベーション維持につながり、離職リスクを軽減することにもなります。

また、オンライン学習システムなどを導入し、常に新しい学習機会を用意しておくことも大切です。結果的に業務効率の向上や利益の増加につながれば、職場環境が良くなりさらに離職リスクを下げられるでしょう。

クラウド勤怠管理など自由な働き方

自宅やレンタルオフィスなど好きな場所で働けるメリットを大きくするため、クラウド勤怠管理システムなどでさらに自由に働ける環境を整えるのも良いでしょう。上司が部下の勤務実態を把握しやすくなり、管理負担の軽減やチームワークの維持にもつながります。

家事やプライベートとの両立もしやすく、働くことによるストレスが軽減できれば離職率低下も期待できます。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3