タレントマネジメントシステムEXPO » 戦略人事実現ブース » 人材育成を見える化する方法
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

人材育成を見える化する方法

人材育成を見える化する目的

人材育成は効果を実感しづらいものです。

RPGゲームのようにレベルが上がった際に効果音が鳴り教えてくれるわけではありません。

そのため、出来るだけ具体的な数値に落とすなどの見える化を意識する必要があります。

MBOやKPIにより、どの程度の負荷をかけどこを目指すのか明確化することで、育成対象となる社員に「今何をすべきか」を考える機会を与えることになるのです。

人材育成の見える化がもたらす効果

育成効果を可視化することで、効果がわからないまま続けるよりも早く、確実に人材育成を行うことができます。

タレントマネジメントを導入するにあたって、社員がどのようなスキルを持っているのか、最大限活かすにはどうするべきかを勘や経験に頼るのではなく科学的人事の手法により行う必要があります。

見える化が進めばより精度の高い人事配置や育成ができるようになります。

人材育成の見える化の具体例

部署や事業所ごとに育成方法や評価手段が異なっている場合は全て統一する必要があります。

評価基準の統一ができたらスキルマップを作成し、年齢構成や勤務年数に応じ今後数年間の人員配置計画を立てます。

近年はHRテックの進化で様々なツールを利用して人材育成を行うことができます。

特に見える化を進める上で、入社以降の個人ごとの人事データを一括して展開できるツールは人材育成の作業効率を劇的に改善してくれます。

人材育成の見える化につながるツールの一元化

ここで問題になるのは人事データが複数のツールに分散して管理されている場合です。

各データを持ち寄って統合作業をしなければなりません。

やはり人事データについては可能な限りシンプルに一元管理をするべきでしょう。

ヒトマワリを利用した人材育成の見える化

人事データを採用から入社後の異動履歴まで網羅できるツールであるヒトマワリ。

社員の過去から現在までのデータをいつでも簡単に呼び出せ、人事データに紐づいた組織シミュレーションができます。

組織や部門ごとの人材構成分析や個人ごとの勤怠分析が可能です。

組織シミュレーション機能で経営目標に沿った組織構成や人材育成を立案することができます。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3