B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

次世代リーダーの育成

次世代リーダーの育成はなぜ難しいのか

どんなに素晴らしいリーダーであっても、いずれは後進に譲らなければなりません。

しかし経営戦略の中に占める次世代リーダーの育成は優先順位が低くなりがちです。

一つは次世代リーダーの育成には時間がかかることがあります。

エリート人材のうち、次世代リーダー候補と目していた人材が育成途中で外部に流出する可能性もあります。

また経営環境は時代によって変わります。

特にかつては10年ひと昔と言われていましたが、現在ではそのスパンももっと短くなり、目の前の経営計画を達成するのに注力する必要があり、育成が後手に回ることもあります。

上記のような理由で、次世代リーダーを育成する余裕がない企業が多くあります。

次世代リーダーに求められる能力

次世代リーダーの育成に当たって、どのような点に重きをおけば良いのでしょうか。

まずリーダーには経営のビジョンが必要です。

これは単に売上を上げるとか社内体制の変革にとどまらず、社会的存在としての企業のあり方という広い視点から見るものでなければなりません。

またビジョンを社内に浸透させるための伝達力も求められます。

そして具体的にビジョンを実現するための経営戦略や財務、人事、組織づくりについての見識とマネジメント力が必要です。

次世代リーダーの選び方

次世代リーダーを選ぶにはタレントマネジメントにより計画的に人材を登用していくところから始まります。

エリート人材を選抜し経営に必要な知識が習得できるよう、適材適所の配置で人事や財務の知識や経験を積ませます。

階層を上がるにつれて徐々に

階層を上がるにつれて徐々に目標への負荷が高くなるように設計し、困難な状況下での課題解決を体験させます。

次世代リーダー育成に必要なこと

次世代リーダーの育成に必要なのは、今後の経営ビジョンです。

ビジョンがなければ求められるリーダー像を示すこともできません。

次世代リーダーに必要な資質や能力を明確にし、現時点でどの程度必要なスキルを身につけているかを確認しなければなりません。

定性的・定量的なスキル管理や目標管理を通じて3〜5年の期間で克服できるように課題や負荷を与えていきます。

ツールを利用した次世代リーダー育成

かつての日本企業の多くは徒弟制度のようにスキルは見て覚えるものであったり口伝であったりしました。

しかし現代はIoTの発達で、科学的人事を取り入れてより精度の高い効果的な人材育成が可能です。

戦略人事を可能にするヒトマワリ

BI分析をベースにした人事分析で次世代リーダー候補の選定から、経営戦略と連動した人事管理制度機能を活用し人材育成や適正配置でエリート人材の育成もスピード感を持って取り組むことができるようになります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3