B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

採用コストを抑えたい

新卒採用・中途採用を問わず、社員を採用するためには採用コストがかかります。人材獲得競争が激しくなっている昨今、各企業の採用コストは上昇する一方です。しかし、採用コストが必ずしも採用に結び付いているわけではないのも現実です。

採用コストについて、削減する方法をまとめてみました。

そもそも、採用コストって何?

採用コストには、内部コストと外部コストの2種類があります。

  • 内部コストは、採用担当者の人件費、応募者の交通費、会食費、ノベルティグッズ費などが挙げられます。
  • 外部コストは、広告費、説明会の会場費、採用ホームページの管理費などといったものがあります。

どうやったら採用コストを削減できる?

求人サイトの見直し

採用コストの中で最も費用が掛かるのは、広告費です。なので、求人広告が効果的に活用できているかを検証することはとても大切です。費用対効果が見合っているかはもちろんのこと、適切な求人媒体を選択しているかを見直すことで、コストを下げることが可能になります。

採用HPの充実と活用

自社の採用HPを活用することで、求人広告の出向を減らすことができます。

また、採用HPは「Indeed」や「スタンバイ」「求人ボックス」「CAREERJET」といった求人情報の検索エンジンと提携することもできるので、充実したHPにすることが採用につなげるコツです。

ダイレクトリクルーティングで積極的な採用

ダイレクトリクルーティングとは、求人広告を使わずに、ダイレクトリクルーティングサービスやSNSを用いて、企業が自ら人材データベースで求める人材を探し出し、直接候補者に連絡を取り採用する方法です。

欲しい人材にピンポイントでアプローチをすることで、効率的に優秀な人材を集めることが可能になります。

採用管理システムを導入して、労力やコストを一気に削減

多くの応募者の中から選考を行う場合、応募者の個人情報の管理、面接スケジュールの管理、応募者とのメッセージのやり取りなどといったことに、多くの手間と時間が必要となります。そのような採用のプロセスを一元で管理するため、採用管理システムを導入する会社が増えています。

採用管理システムを使えば、まずは採用担当者の業務負担を大幅に減らすことができ、結果として人件費の削減にもつながります。また、応募者のフォローやレスポンスが迅速かつスムーズに行えるようになるため、応募から採用までの過程で離脱者を減らすことにもつながります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3