B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

採用業務を効率化する方法

採用活動を効率化するためにまず行うべきこと

採用活動には多くの労力と時間が費やされ、採用シーズンともなると、担当者の労働時間が増えることで、企業のコストも増大することになります。採用活動を効率化することで、採用業務の効率化して業務時間を減らすだけでなく、自社の採用要件に合う人材を、採用プロセスの早い段階で獲得することができるようになります。

採用工程の見直し

採用工程を一から分析して、どの過程に一番時間がかかっているかを分析します。そして、なぜそのようなことが起っているのか、改善する方法はあるかを検討し、時間がかかる業務の原因を究明します。

希望する人材をきちんと反映させた募集内容の作成

社内の各部署において、どのような業務が存在し、その業務にどのようなスキルが必要なのかをヒアリングすることで、募集部署が必要としている人材を、明確に募集内容に反映することができます。

採用効率化を推進するためのアイデア

オンライン面接で遠方や海外からの応募も可能に

遠方からの応募者であっても、面接会場まで出向く必要がありますが、オンラインミーティングツールを用いたオンライン面接を導入することで、地方や海外からでも人材を雇用することが可能になります。

録画機能がついているものもあるので、評価者全てが面接に参加する必要もなくなり、効率的に採用の可否を判断することができるようになります。

RPOで採用業務をアウトソーシング

RPOとは、Recruitment Process Outsourcingの略で、採用のアウトソーシングを意味します。求人広告の出稿や採用エージェント依頼などの募集から、エントリーの受付、選定、面接調整、応募者とのコミュニケーション、結果分析まで、採用の全プロセスを委託するため、採用担当者の採用業務負荷を軽減し、本来業務に専念することができます。

採用管理システムで手間のかかる採用活動をラクに

採用者の情報を管理するため、採用管理システムを導入する企業が増えています。たとえば、タレントマネジメントシステムの「ヒトマワリ」なら、採用管理機能で、応募から入社までの選考状況を一目で把握することができます。

また、求人企画ごとに管理が可能で、採用経路ごとの応募者数や内定者数を見ることが可能です。さらに、応募者の詳細プロフィールや応募者とのコンタクト履歴、面接時の評価、説明会への出欠などを一元で管理することができます。さらに、グーグルカレンダーとの連携により、面接担当者との時間を設定することもできます。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3