タレントマネジメントシステムEXPO » 人材管理ツール比較ブース

公開日:|更新日:

人材管理ツール比較ブース

タレントマネジメントシステムEXPOイメージ

人材管理ツールとは

人材管理ツールとは、従業員の基本情報を始め、評価や管理、人材育成や採用など企業や組織が抱える人事に関する情報を集約し適切に管理してくれるシステムです。人材管理ツールは「タレントマネジメントツール」とも呼ばれており、すでに導入して業務改善に成功している企業も数多くあります。

現在数多くの人材管理ツールが開発されていますが、その機能はさまざまです。人材管理ツールを企業が導入する際には、自社にあったツールを選ぶ必要があります。

人材管理ツールの選び方

数多くの人材管理ツールが出回っている中で、これから人材管理ツールの導入を検討している企業はそれぞれのツールの特徴を見極めながら、最適な人材管理ツールを選ぶことが求められます。ここでは、人材管理ツールの選び方について解説します。

機能

人材管理ツールにはさまざまな機能が備えられており、導入する企業は自分たちに必要な機能を搭載している人材管理ツールを選択すると良いでしょう。例えば、従業員情報を顔写真で表示する機能、目的に合わせて自由にカスタマイズできる機能、従業員の健康状態を確認できる機能などがあげられます。

価格

人材管理ツールの価格帯もさまざまです。使える機能によって料金が変わるプランをとっているものや、登録できる人数によって料金が決定するものなどがあります。自社の予算に合ったツールを選択すると良いでしょう。

コストとソリューションで比較
タレントマネジメントシステム
厳選3ツール

人材管理ツール導入のメリット

人材管理ツールを導入する主なメリットは以下の通りです。

人事情報の一元化

人材管理ツールを使って社内に散在している人事に関する情報を一元化することにより、これまでかかっていた業務時間を短縮し、業務の生産性を上げることが可能になります。人材管理ツールの中にはクラウド型のシステムがあり、パソコンやタブレット、スマホなどで手軽に管理できるメリットがあります。

人事配置の最適化

従業員のスキルや業績、本人の希望などを人材管理ツールに集約することにより、情報を整理してすぐに確認できるようになります。社内全体の人材配置がひと目で判別できるため、必要な人材を適切な部署へ配置する適材適所な人事が可能となります。

人材の育成や管理

人材管理ツールの中には、メッセージ機能を搭載したものや学習効果を高める機能、社内研修の履歴などを管理できる機能を搭載したものなどがあります。上司が部下に適切なアドバイスができるコミュニケーションツールとしても利用できるため、人材の育成や管理ができるメリットがあります。

健康状態やストレスをチェック

従業員の心や体の健康状態を管理する機能を搭載したツールを導入することにより、従業員ひとりひとりの健康状態や生活習慣などを把握できます。今後の業務環境の見直しや満足度を高める施策を行い、離職率の低下を図るメリットがあります。

人材管理ツール50選

現在多くの企業でタレントマネジメントが注目を集めており、さまざまな人材管理ツールが開発されています。それぞれのツールに独自の機能が備わっていることから、導入する際はそのツールの特徴や他のツールとの違いを見極めることが大切です。ここでは50の人材管理ツールを一挙紹介します。

ヒトマワリ

ヒトマワリの公式サイトキャプチャ
引用元:ヒトマワリ
https://www.hitomawari.jp/

人事データを一元管理して、人材情報の見える化や採用管理、事業計画に役立つ分析を一気通貫で行えるシステム。導入事例では企業に合わせて機能をカスタマイズできる点が好評のようでした。

カオナビ

カオナビの公式サイトキャプチャ
引用元:カオナビ
https://www.kaonavi.jp/

社員の顔写真と人事データを紐付けて見える化し、コミュニケーションが円滑になる点が特長です。

一元的に人材情報を管理することで、人員配置や人材育成などの戦略を確実に、スピード感を持って取り組めるのが大きな利点です。

タレントパレット

タレントパレットの公式サイトキャプチャ
引用元:タレントパレット
https://www.pa-consul.co.jp/TalentPalette/work/

誰でも扱いやすい操作性と見える化にこだわったインターフェイスが強みのシステム。人事データの分析結果を戦略人事に科学的裏付けをもとに実践できる点も実用的だといえます。

smartHR

SmartHRの公式サイトキャプチャ
引用元:SmartHR
https://smarthr.jp/smarthr/

クラウドが労務管理サービスの最大手の一つです。使いやすい操作性や給与明細のWeb配布など、シンプルで無駄のない機能にこだわった作りで多くの企業に導入されています。

サイレコ!

サイレコの公式サイトキャプチャ
引用元:サイレコ
https://www.aand.co.jp/lp/saireco/

クラウドが労務管理サービスの最大手の一つです。使いやすい操作性や給与明細のWeb配布など、シンプルで無駄のない機能にこだわった作りで多くの企業に導入されています。

jinjer

jinjer人事の公式サイトキャプチャ
引用元:jinjer
https://hcm-jinjer.com/

8,000社以上の導入実績があり(2020年1月調査時点)、クラウド人事管理サービスの大手といえるjinjerはコストを抑えながら、自社にあった人事管理体制にシステムをカスタムできるなど使い勝手の良さが魅力です。

hitolinkパフォーマンス

HITO-Talent(HITO Linkパフォーマンス)の公式サイトキャプチャ
引用元:パーソル
https://rc.persol-group.co.jp/hito-talent/

人事情報の管理だけでなく、目標管理、人事評価のためのデータを蓄積できる「HITO-Linkパフォーマンス」は、業務の効率化だけでなく社員のモチベーションやパフォーマンスの向上につなげることができます。

スマートカンパニー

スマートカンパニーの公式サイトキャプチャ
引用元:スマートカンパニー
https://www.smartcompany.jp/

様々な機能を1つのシステムに集約、さらに各社の必要に応じて必要なモジュールを導入できる「スマートカンパニー」は、人事にまつわる経営課題を解決するための使いやすいシステムとして支持を受けているようです。

Rosic(ロシック)

Rosic(ロシック) の公式サイトキャプチャ
引用元:Rosic
https://www.rosic.jp/

それぞれの会社が抱える人事の課題に対し、「Rosic」は専任のコンサルタントがつき、各社が必要としている人材データを見たい形式のデータベースに構築でき、さらにスピーディーかつ簡単にデータを出力できるので、経営・現場からの資料の要請に的確かつ適時に応じることを可能にします。

結局おすすめは?
3つのタレントマネジメント
システムを比較

LaKeel BI

LaKeel BIの公式サイトキャプチャ
引用元:LaKeel BI
https://bi.lakeel.com/

データの分析のために必要な機能が1つに全て揃っており、また、サポート体制がきちんと整っていて、丁寧なフォローをしてもらえることが、多くの企業で支持をされている理由のようです。

Profile Manager(サイダス)

Profile Manager(CYDAS)の公式サイトキャプチャ
引用元:CYDAS
https://www.cydas.com/

人事情報にまつわる全てのデータを1つにまとめることができるのみならず、システムの見やすさや使いやすさ、さらにはサポート体制の充実といった面から、多くの企業で導入をされているようです。

WiMS/SaaS

SOLTY(株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー)の公式サイトキャプチャ
引用元:株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー
https://www.solty.co.jp/index.html

人材情報の可視化をし、また個社に応じたスキル情報の管理および検索を全社的に共有できるため、社員の配置を最適に行うことができます。また、勤務管理・経費管理・給与管理・人事考課などのシステムも提供しているため、各業務で重複していたデータを一元管理することができ、業務効率化や戦略的なマネジメントを実現することを可能にします。

HRMOS Core(ハーモスコア)

HRMOS(ハーモス)Coreの公式サイトキャプチャ
引用元:HRMOS
https://hrmos.co/core/

人事、労務、給与などの情報を過去から現在まで一元で管理できます。さらに、新入社員のアカウント自動発行や、社員本人が個人情報を入力する機能が備わっており、業務効率アップをはかることができるシステムです。

POSITIVE(ポジティブ)

POSITIVEの公式サイトキャプチャ
引用元:POSITIVE
https://www.isid.co.jp/positive/

高度なグループ管理を実現する「POSITIVE」は、グローバルに展開する企業や、企業グループの人事業務を1つにまとめることができ、大企業が必要としている人事機能を備える高機能タレントマネジメントシステムです。

ゼッタイ!評価(あしたのチーム)

ゼッタイ!評価(あしたのチーム)の公式サイトキャプチャ
引用元:あしたのチーム
https://www.ashita-team.com/lp_f/

人事評価制度の必要性を感じながらも、自社で制度を設計するのは難しいと感じている企業が多くあり、制度の設計から研修、評価システムの初期設定までを行ってくれる「ゼッタイ評価」の導入に至っているようです。

HR Brain

HR Brainの公式サイトキャプチャ
引用元:HR Brain
https://www.hrbrain.jp/

ビッグデータやAIなどの最先端技術を最大限活用して人材管理を行うタレントマネジメントシステム。価格設定がシンプルで分かりやすい点が特徴的でした

サクセスファクターズ

SAP SuccessFactors HCM Suiteの公式サイトキャプチャ
引用元:SuccessFactors
https://www.successfactors.com/ja_jp/solutions.html

人材の採用や人材開発などざまざまな機能を有するサクセスファクターズ。世界規模のソフトウェア会社SAPが提供する豊富な機能を搭載したタレントマネジメントシステムです。

HR君

HR君の公式サイトキャプチャ
引用元:エクサウィザーズ
https://exawizards.com/service/hrkun

従業員のあらゆるデータをAIを駆使してデータ化に成功。HR君は、社内のスペシャリストの発掘や組織人事の最適化を実行し、会社の人事業務のパフォーマンスを高める人事管理システムです。

Habi*do(ハビドゥー)

Habi*do(ハビドゥー)の公式サイトキャプチャ
引用元:Habi*do
https://habi-do.com/

従業員が自らタスクや目標を設定し、簡単に情報を共有することができます。Habi*do(ハビドゥー)にはタスクの習慣化の仕掛けが随所に施され、心理的な負担なく取り組むことができるタレントマネジメントシステムです。

HuTaCT

HuTaCTの公式サイトキャプチャ
引用元:TDCソフト
https://www.tdc.co.jp/product/hutact/

人事に関する基礎情報だけでなく、健康管理や研修受講制度、給与管理システムなど多様な機能を保つHuTaCTを導入することにより、大規模な企業の膨大な人事業務が一元化され、データを集中管理できるようになります。

HR OnBoard

HR OnBoardの公式サイトキャプチャ
引用元:HR OnBoard
https://on-board.io/

アンケート結果を独自のシステムで分析し、社員の退職の予測や効果的な対応策、コミュニケーション手段まで提案してくれる多機能な「HR OnBoard」は、6000社以上が導入している評判の良いタレントマネジメントシステムです。

モチベーションクラウド

モチベーションクラウドの公式サイトキャプチャ
引用元:モチベーションクラウド
https://www.motivation-cloud.com/service/

モチベーションクラウドは、これまで数値化することが難しかった「モチベーション」を科学的に分析して数値化し、可視化することで従業員の生産性を向上させるタレントマネジメントシステムです。

Wevox

wevoxの公式サイトキャプチャ
引用元:wevox
https://wevox.io/

wevoxは、具体的な9つのスコアを用いて従業員のエンゲージメントを見える化し、課題を特定して対応策を実施していく組織改善型タレントマネジメントシステムです。

人事奉行10

人事奉行10の公式サイトキャプチャ
引用元:OBC
https://www.obc.co.jp/bugyo/jinji

各種奉行シリーズは累計56万社の導入実績があり、顧客からのフィードバックを反映させ使いやすいように進化を続けています。

バックオフィス系の奉行シリーズ導入企業にとってはデータ連携も容易なため、業務効率を向上させることができます。

スキルナビ

ESIの公式サイトキャプチャ
引用元:株式会社ワン・オー・ワン
https://www.101s.co.jp/

スキルナビはクラウドで人事情報の総合データベースを構築し、情報を一元化した上で見える化します。一般的なタレントマネジメントシステムの機能に加え、企業ニーズや組織のステージに応じて機能をカスタマイズしていけます。

HITO Talent

HITOTalentの公式サイトキャプチャ
引用元:パーソナル総合研究所
https://rc.persol-group.co.jp/hito-talent/

人事コンサルタントと、総合人材サービスの人事部門が共同で開発した、現場業務を重視したタレントマネジメントシステムです。管理項目数が無制限で、実際に使うユーザーに合わせて権限や機能を自由に設定可能です。

SUZAKU

SUZAKUの公式サイトキャプチャ
引用元:SUZAKU
https://haiq-i.net/

膨大な人事サンプルデータと組織心理学、そして人工知能の融合によって構築された、AI搭載タレントマネジメントシステムです。ユーザーは産学連携で開発された高性能アセスメントツール「HQ Profile」も利用できます。

HRプラットフォーム

HRプラットフォームの公式サイトキャプチャ
引用元:FosterLink
https://www.fosterlink.co.jp/

人材の育成や評価などの関連業務を、クラウドで一元管理します。システムの拡張性や柔軟性に優れており、必要最小限の機能を低コストで導入することも、ニーズに応じて様々な機能を順次追加していくことも可能です。

COMPANY

株式会社Works Human Intelligenceの公式サイトキャプチャ
引用元:株式会社Works Human Intelligence公式サイト
https://www.works-hi.co.jp/products/talent-management

大企業向けタレントマネジメントシステムとして、人事管理に関連する機能が一体化されたパッケージソフトです。企業ニーズに応じて人材管理から人材育成、個々の社員に対するケアまで幅広く対応することができます。

SilkRoad Performance

タレンタ株式会社の公式サイトキャプチャ
引用元:タレンタ株式会社公式サイト
https://www.talenta.co.jp/product/silkroad-performance/

クラウド型パフォーマンスマネジメントシステムとして、日本の商習慣に合わせた人事評価を効率化させます。使いやすさにこだわられており、オールインワン体系で機能ごとの追加ライセンス費用が不要な点も特徴です。

Performance Cloud

株式会社サイダスの公式サイトキャプチャ
引用元:株式会社サイダス公式サイト
https://www.cydas.com/service/cydas-hr/

株式会社サイダスが提供するタレントマネジメントシステム「CYDAS HR」の中でも、特に個人と企業を効率的にマッチング可能な支援アプリケーションです。適材適所の人材配置をサポートし、社員のケアにも役立ちます。

BetterEngage

BetterEngageの公式サイトキャプチャ
引用元:BetterEngage公式サイト
https://betterengagee.com/

BetterEngageを活用すれば、多角的な角度か組織を分析したり、戦略を考えたりすることが可能です。社内の人事データが可視化されることで、組織が抱える課題や現状を的確に把握することができます。リアルタイムでサポートを受けられるでしょう。

Workday

Workdayの公式サイトキャプチャ
引用元:Workday公式サイト
https://www.workday.com/ja-jp/pages/company-information-jp.html

BetterEngageを活用すれば、多角的な角度か組織を分析したり、戦略を考えたりすることが可能です。社内の人事データが可視化されることで、組織が抱える課題や現状を的確に把握することができます。リアルタイムでサポートを受けられるでしょう。

Cultiiva Global

Cultiiva Globalの公式サイトキャプチャ
引用元:Workday公式サイト
https://jpn.nec.com/outsourcing/cultiivaglobal/index.html

人材の育成マネジメントをグローバルに展開しているCultiiva Global。基本情報を管理して評価や履歴の統合を行うシステムです。社員の情報をグラフ化したり、迅速に収集したりできるので、意志決定をする際に役立ちます。

コーナーストーン

コーナーストーンの公式サイトキャプチャ
引用元:コーナーストーン
https://www.cornerstoneondemand.jp/

人事管理・採用・社内学習など複数の目的に応えるサービスを用意しているため、業務の内容や課題に合わせて検討することができます。複数拠点の従業員の技術レベル標準化など、学習プログラムの導入にも対応しています。

アッテル

アッテルの公式サイトキャプチャ
引用元:アッテル
https://attelu.jp/

AIを活用したデータ分析で、人事担当者の経験や勘に頼らず適切な人材配置ができる点が特徴。従業員同士のパフォーマンスを比較することで課題を見つけ、業務効率向上にもつながります。離職率分析や採用後の活躍予測など、データの活用に特化したサービスです。

Ulysses PM-QS

Ulysses PM-QSの公式サイトキャプチャ
引用元:Ulysses PM-QS
https://www.sap.com/japan/partner/partner-package-finder/odyssey-corporation-ulysses-pm-qs.html

クラウド型から自社導入型まで幅広い対応のため、業務規模や運用状況に合わせた検討が可能。機能拡張にも対応していて、事業規模拡大などに合わせてカスタマイズしていくこともできます。導入コンサルティングもあり、ゼロベースのタレントマネジメントシステム構築も心強いサポート。

Talent Viewer

Talent Viewerの公式サイトキャプチャ
引用元:Talent Viewer
https://talent-viewer.com/

東証一部上場企業であるエン・ジャパン株式会社が提供している、人事管理の総合プラットフォームです。タレントマネジメントシステムをベースに、人事コンサルティングといったサービスがパッケージングされています。

GrowOne 人事SX

GrowOne 人事SXの公式サイトキャプチャ
引用元:GrowOne 人事SX
https://www.nisseicom.co.jp/solution/erp/hr.html

クラウドやオンプレミスなど、企業ニーズに合わせて導入可能なタレントマネジメントシステムです。グループ企業をまたいで一元管理できる上、複数のサービスと連携して人事業務や給与管理などを総合的にカバーできます。

TimePro-XG 人事

TimePro-XG 人事の公式サイトキャプチャ
引用元:アマノ株式会社
https://www.tis.amano.co.jp/product/personnel-affairs/human-resource/

膨大な人事情報をデータベース化して、テーマごとにカテゴリ分類することができるタレントマネジメントシステムです。昇給やベースアップなどを自動計算できる他、勤怠管理やセキュリティ管理システムとの連携も可能です。

明快

明快の公式サイトキャプチャ
引用元:明快
http://www.jinji-hyouka.com/

社員規模が100名以下の中小企業向けに開発された、シンプルなクラウド型人事評価システムです。複数の社員情報を一元管理して評価できる上、評価項目などをニーズごとに変更・修正できるカスタマイズ性にも優れています。

P-TH

P-THの公式サイトキャプチャ
引用元:P-TH
https://www.ajs-solutions.com/pth

Excelによるワークフローを、ネットワークと連携させられる人事評価システムです。オンプレミス版「P-TH」とクラウド版「P-TH+」が提供されている他、各ユーザーの使いやすさにもこだわって設計されています。

人事くん

人事くんの公式サイトキャプチャ
引用元:人事くん
https://www.rt-mm.com/service/s03_competence.html

MBO(目標管理制度)を取り入れた人事評価と、匿名アンケートによって社員の本音を引き出せる機能が一体となった、クラウド型人事評価システムです。人事データにもとづいた研修やコンサルティングも実施されています。

Kenexa

Kenexaの公式サイトキャプチャ
引用元:IBM
https://www.ibm.com/services/talent-management?mhsrc=ibmsearch_p&mhq=kenexa

人材の客観的評価を可能にするAI「Watson」を搭載。産業組織心理学者の研究結果と膨大なデータに基づいた分析や、1000を超えるカスタマイズ機能が使用できる人材管理ツールで、企業の様々な問題を解決します。また人間の言葉を的確に理解できるので、円滑なコミュニケーションを図ることが可能です。

The Amoeba 人事管理システム

The Amoeba 人事管理システムの公式サイトキャプチャ
引用元: The Amoeba 人事管理システム
https://www.kccs.co.jp/consulting/service/system/human/

全社員が経営に関わる「アメーバ経営」の環境構築のための人事管理システムです。資格に応じた評価要素のカスタマイズや考課結果のデータベース管理により、人事考課フローのシステム化が可能。また、目標の可視化によって社員一人ひとりが組織の目標を確認できるため、有言実行の目標管理を行えるのもメリットです。

MINAGINE 人事評価システム

MINAGINE 人事評価システムの公式サイトキャプチャ
引用元: MINAGINE 人事評価システム
https://minagine.jp/hsys/

社員データの一元化はもちろん、評価項目のカスタマイズや進捗管理の可視化で効率のよい人事評価システムを構築。社員数100名以下の企業に特化した機能になっており、評価結果の相対化やPDF化も可能です。

人事評価ナビゲーター

人事評価ナビゲーターの公式サイトキャプチャ
引用元:人事評価ナビゲーター
https://hyoka-navi.nkgr.co.jp/

コンセプトは”重たすぎず、軽すぎない、「ちょうどいい」システム”。ペーパーレス化はもちろん、人事業務のなかでも特に負担のかかる配布・回収・集計・保管などを大幅に軽減してくれます。従業員数に応じた明確な料金プランも好評です。

評価ポイント

評価ポイントの公式サイトキャプチャ
引用元:シーグリーン
https://www.seagreen.co.jp/hyoka/

「数値化されにくい評価の可視化」+「リアルタイム評価」によって様々な角度から評価でき、さらに高評価を即実感できることでモチベーション向上に寄与。従業員のシフト貢献度の上昇や離職率の低下も期待できます。

HR Ring

HR Ringの公式サイトキャプチャ
引用元:HR Ring
https://www.kakehashi-skysol.co.jp/hr-ring_lp/

内定者と人事、新入社員と人事、部下と上司、中途社員と上司、本部と全国支店、事業部内、幹部間など、企業内におけるあらゆるコミュニケーションに活用できる機能を有しており、離職防止のみならず組織力強化にもつながるアプリといえます。

Saba Cloud

NECソリューションの公式サイトキャプチャ
引用元:Saba Cloud
https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/saba/

NECグループが提供するグローバルタレントマネジメントシステムです。採用・育成・評価・配置といった人財管理業務をトータルにサポート。グローバル企業やグループ会社全体の人財データの一元管理も可能です。

あたりずむ

あたりずむの公式サイトキャプチャ
引用元:あたりずむ
https://www.atarhythm.com/

中長期的なキャリアデザインを管理しながら業務に紐づいた目標設定を行えます。掲示板の活用やスケジュール共有も可能。また、職場内でメッセージを送れる「気にかけ機能」を使ってコミュニケーションをとることもできます。

RECOG

RECOGの公式サイトキャプチャ
引用元:RECOG
https://www.recog.works/ja/

レター機能を使って社員同士で褒め合うことができます。送ったレターは社内で共有されるほか、受け取った本人は簡単なリアクションを返すことが可能。掲示板やチャットなどの便利な機能もついているため、普段のコミュニケーションツールとしても活用できます。

RECOG

RECOGの公式サイトキャプチャ
引用元:RECOG
https://www.recog.works/ja/

レター機能を使って社員同士で褒め合うことができます。送ったレターは社内で共有されるほか、受け取った本人は簡単なリアクションを返すことが可能。掲示板やチャットなどの便利な機能もついているため、普段のコミュニケーションツールとしても活用できます。

スマレビ

スマレビの公式サイトキャプチャ
引用元:株式会社シーベース
https://www.hrm-service.net/

サーベイとフィードバックによって組織状況などを可視化し、人材管理や管理職育成のサポートや、職場環境の向上に伴う離職率低下などを実現するHRクラウドサービスです。導入企業は実に1,000社以上を誇ります。

EHR人事管理

EHR人事管理の公式サイトキャプチャ
引用元:株式会社レジェンダ
https://www.leggenda.co.jp/EHR/

就業・給与・評価・採用・申請・研修といった人事業務全般を網羅した、クラウド型の人事プラットフォーム。必要な機能から導入し、企業の成長に応じて機能拡張やカスタマイズ、バージョンアップを行なうことも可能です。

Resily(リシリー)

Resily(リシリー)の公式サイトキャプチャ
引用元:Resily
https://resily.com/

多くの有名企業が取り入れている目標管理手法OKRの導入を支援するビジネスクラウドサービスです。タスク管理・進捗共有・エンゲージメントなど、組織マネジメントの様々な課題を解決。これまでに140社以上の採用実績があります。

Sociaクラウド

Sociaクラウドの公式サイトキャプチャ
引用元:Sociaクラウド
https://www.fminc.co.jp/

勤怠管理・給与計算・人事評価・社員管理といった定型業務を、システムおよびアウトソーシングによって効率化。細かな権限設定、給与体系毎の計算項目やロジック、企業毎に異なる制度を反映したフォーマットの設定などが可能です。

cHaRt(チャート)

cHaRtの公式サイトキャプチャ
引用元:cHaRt
https://www.jpc-net.jp/consulting/mc/personnel/chart.html

個人目標の設定に必要な適性や能力の分析・把握・評価機能や、スタッフ育成サポートなど、便利な機能が満載。さらにシステム内での等級制度・評価制度・賃金制度との連携も可能。煩雑だった人事業務の大幅軽減が期待できます。

RocoTalent(ロコタレ)

RocoTalentの公式サイトキャプチャ
引用元:RocoTalent
https://www.hrsol.jp/rocotalent

社員の能力を多角的に分析し社内に埋もれがちな人材情報を可視化する、データドリブン型のマネジメントシステム。さまざまな人材データを収集・活用することで、経営戦略の達成に向けた人材マネジメントをサポートしてくれます。

JobSuite TALENTS(ジョブスイート タレンツ)

JobSuiteの公式サイトキャプチャ
引用元:JobSuite TALENTS(ジョブスイート タレンツ)
https://jobsuite.jp/talents/

所属組織や保有スキル、職務適正、趣味・性格、過去の評価、アンケート、職位・等級などの情報を集約・解析抽出する組織活性化プラットフォーム。収集した情報を可視化・抽出し、人的資源を有効活用できます。

ジョブカン労務HR

ジョブカン労務HRの公式サイトキャプチャ
引用元:ジョブカン労務HR
https://lms.jobcan.ne.jp/

全ての労働業務の自動化・効率化ができるソリューション。従業員情報をクラウドで一元管理し、欲しい情報がすぐに見つかります。帳表自動削減機能による労働業務にかかる時間の削減も期待できるでしょう。

researcHR(リサーチャー)

researcHR(リサーチャー)の公式サイトキャプチャ
引用元:researcHR(リサーチャー)
https://app.researchr.work/

チームメンバーの回答を蓄積して、情報の共有ならびに活動状況の把握を進めるタレントマネジメントシステムです。各メンバーの強みを共有してチーム力の最大化を図れる可能性があります。

ベネワン・プラットフォーム

ベネワン・プラットフォームの公式サイトキャプチャ
引用元:ベネワン・プラットフォーム
https://corp.benefit-one.co.jp/service/platform/

一元管理しているデータを、ユーザーの属性に合わせて役立てやすいように可視化してくれるタレントマネジメントシステムです。社内に点在しているデータの価値を高められます。

Coo Kai Team Build

Coo Kai Team Buildの公式サイトキャプチャ
引用元:Coo Kai Team Build
https://www.coo-kai.jp/office365/lineup/teambuild/

Coo Kai Team Buildを活用すれば、チーム組成・コミュニケーション活動開始スピードを向上させられます。OutlookやTeamsと連携し、メールやチャット、Teamsのチームに招待するなどシーンに合った最適なコミュニケーション手段をとることが可能です。

ベネワン・プラットフォーム

Qaseeの公式サイトキャプチャ
引用元:Qasee
https://qasee.jp/

Qaseeは収集した働き方データをもとに業務コストの算出や、組織や業務の問題・課題点を抽出し、人材育成やチームマネジメントの強化、生産性の向上、業務効率化、DX推進を後押しします。従業員と管理者の双方にメリットの大きいタレントマネジメントシステムです。

料金と機能の比較

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題13項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

項目

解決できる課題

13項目

+

・人事情報を一元管理したい
・自社特有の項目を追加したい
・人事評価をラクに管理したい
・人材のスキルを管理したい
・採用情報や進捗を管理したい
・適性検査をしたい
・適材適所への人員配置をしたい
・権限設定を自由に設定したい
・定着率を向上させたい
・残業の多い部署を特定したい
・過去のデータを活かして分析したい
・導入時の構築フォローも依頼したい
・評価されているシステムを導入したい

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

1万円 / 月~

サポート

導入サポート料金
( 税別 )

無料

利用したいクラウド型人事管理システムNo.1
人事担当者が選ぶ人事管理システムNo.1
経営者が選ぶクラウド型人事管理システムNo.1

※日本マーケティングリサーチ機構調べ 2019年7月 ブランドのイメージ調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-18:00)

タレントパレット

項目

解決できる課題

12項目

+

・人事情報を一元管理したい
・自社特有の項目を追加したい
・人事評価をラクに管理したい
・人材のスキルを管理したい
・採用情報や進捗を管理したい
・適性検査をしたい
・適材適所への人員配置をしたい
・権限設定を自由に設定したい
・定着率を向上させたい
・残業の多い部署を特定したい
・過去のデータを活かして分析したい
・評価されているシステムを導入したい

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

サポート

導入サポート料金
( 税別 )

記載なし

ITトレンドランキング1位

※ITトレンド上半期ランキング2019

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

カオナビ

項目

解決できる課題

12項目

+

・人事情報を一元管理したい
・自社特有の項目を追加したい
・人事評価をラクに管理したい
・人材のスキルを管理したい
・採用情報や進捗を管理したい
・適性検査をしたい
・適材適所への人員配置をしたい
・権限設定を自由に設定したい
・残業の多い部署を特定したい
・過去のデータを活かして分析したい
・導入時の構築フォローも依頼したい
・評価されているシステムを導入したい

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

6.98万円 / 月~

サポート

導入サポート料金
( 税別 )

200万円

シェアNo.1人材管理システム

※ITR「ITR Market View:人事・人材管理市場2020」人材管理市場-ベンダー別売上金額シェアで5年連続1位(2015~2019年度予測)

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。➡比較を行っている人事の課題13項目とは

料金と機能の比較

タレントマネジメント
システム

3