タレントマネジメントシステムEXPO » 戦略人事実現ブース

公開日:|更新日:

戦略人事実現ブース

タレントマネジメントシステムEXPOイメージ

戦略人事とは

戦略人事は1990年代に経済学者のデイブ・ウルリッチ教授により提唱されました。日常的・ルーティン的な業務が中心とされてきた人事ですが、より事業戦略に深く関与する人事計画を立てることが戦略人事の基本です。人事部は、前例踏襲でともすれば事なかれに陥りがちです。

戦略人事ではよりダイナミックに、企業成長のための経営戦力に沿ったフレキシブルな人事の実現が求められます。

戦略人事の目的と背景

企業の成長には事業戦略が必要です。そして事業戦略を実現するためには、そこで働く社員が戦略を理解していなければなりません。戦略人事の目的はまさに社員一人ひとりが事業戦略を理解し、実現できる体制を作り出すことにあります。

戦略人事による変革

戦略人事が求められる背景には日本的雇用慣行の行き詰まりがあります。年功序列や形ばかりの人事評価では社員のパフォーマンスを十分に引き出せません。

それに対して、世界的企業は戦略人事を導入し、経営と一体化した人事体制で臨機応変に時代の変化に対応できる体制をとっています。戦略人事の注目すべき点は人事を内向きから外向きへと変える点にあります。外部環境や事業戦略に応じて変化、進化を遂げる柔軟性が求められます。そのため事業戦略を人事に浸透させる必要があります。

戦略人事でもたらされるメリット

一般的に人事はバックオフィスとしての機能であり、事業の後方支援部隊として語られることが多くあります。

戦略人事を導入することで、事業戦略に各個人がコミットし、より主体的に業務に携わることを可能にします。

戦略人事を推進させる
タレントマネジメントシステム
厳選3ツール

人事データの活用

人事データについて多くの企業では今も「勘」に頼っていることが多いようです。「〇〇のような性格の人は〇〇に向いている、と思われる」などのような過去の経験から得たものを具体的事実のように捉え施策としています。

戦略人事では各部門や支店ごとに保有する人事データを一括管理し、事業戦略に応じて必要な人材を導きだします。IoTやAIなどの進歩により採用基準や人事配置もデータ分析により精度の高い情報に基づいて決定することができます。

人員配置の最適化

生産性を上げ、より高い収益を確保するために適切な人員配置を行うことは重要です。ここでもまた戦略人事は有効な手段となります。

例えば事業戦略における最も重要な部門には当然適性や能力の高い人員を配置する必要があります。旧来の人事では適性や能力よりも慣例や順番が重視されることもあります。戦略人事を策定し、必要な人事データを収集し配置を決定することが企業の成長には欠かせません。社員がそれぞれの役割を理解し実行することが戦略人事の目的です。

スキル管理

業務に必要なスキルは無数にあります。

資格だけでなく営業力や調整力など目に見えにくいスキルも含め、誰がどんなスキルを持っているのかを人事は把握しておかなければなりません。各人が持っているスキルを最大に活かす方法を考えることも戦略人事の重要な項目です。

また、逆に不足している部分はどこで、どうすれば改善されるかの道筋をつけることも人材活用では必須です。単に管理するだけではなく、人事上の課題を解決する計画の策定が必要です。

資格管理

社員の保有資格は可視化できているでしょうか。

単に資格手当をもらうためだけのものになってないか、本当に資格が活かされているかを判断するためにも誰が、どのような資格を持っているかを人事で一元的に管理することが求められます。

資格管理ツールを利用すれば人ごとや資格ごとに確認ができます。

まとめ:経営視点を持つべき人事担当のこれから

企業の繁栄も衰退も鍵を握るのは人事です。

戦略人事では、社員が主体性を持って業務に取り組めるよう経営と一体となった視点が求められます。

管理業務を中心とした人事から経営目線での人材活用や配置を行うことで、長期的な成長を目指すことができます。

料金と機能の比較

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題13項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

項目

解決できる課題

13項目

+

・人事情報を一元管理したい
・自社特有の項目を追加したい
・人事評価をラクに管理したい
・人材のスキルを管理したい
・採用情報や進捗を管理したい
・適性検査をしたい
・適材適所への人員配置をしたい
・権限設定を自由に設定したい
・定着率を向上させたい
・残業の多い部署を特定したい
・過去のデータを活かして分析したい
・導入時の構築フォローも依頼したい
・評価されているシステムを導入したい

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

1万円 / 月~

サポート

導入サポート料金
( 税別 )

無料

利用したいクラウド型人事管理システムNo.1
人事担当者が選ぶ人事管理システムNo.1
経営者が選ぶクラウド型人事管理システムNo.1

※日本マーケティングリサーチ機構調べ 2019年7月 ブランドのイメージ調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-18:00)

タレントパレット

項目

解決できる課題

12項目

+

・人事情報を一元管理したい
・自社特有の項目を追加したい
・人事評価をラクに管理したい
・人材のスキルを管理したい
・採用情報や進捗を管理したい
・適性検査をしたい
・適材適所への人員配置をしたい
・権限設定を自由に設定したい
・定着率を向上させたい
・残業の多い部署を特定したい
・過去のデータを活かして分析したい
・評価されているシステムを導入したい

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

サポート

導入サポート料金
( 税別 )

記載なし

ITトレンドランキング1位

※ITトレンド上半期ランキング2019

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

カオナビ

項目

解決できる課題

12項目

+

・人事情報を一元管理したい
・自社特有の項目を追加したい
・人事評価をラクに管理したい
・人材のスキルを管理したい
・採用情報や進捗を管理したい
・適性検査をしたい
・適材適所への人員配置をしたい
・権限設定を自由に設定したい
・残業の多い部署を特定したい
・過去のデータを活かして分析したい
・導入時の構築フォローも依頼したい
・評価されているシステムを導入したい

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

6.98万円 / 月~

サポート

導入サポート料金
( 税別 )

200万円

シェアNo.1人材管理システム

※ITR「ITR Market View:人事・人材管理市場2020」人材管理市場-ベンダー別売上金額シェアで5年連続1位(2015~2019年度予測)

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。➡比較を行っている人事の課題13項目とは

料金と機能の比較

タレントマネジメント
システム

3