B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

HRプラットフォーム

HRプラットフォームは、日常的な社員情報の収集・管理から、全方向からのフィードバックの分析まで、企業にとって重要な人事関連業務をクラウドで一元管理するタレントマネジメントシステムです。このページではHRプラットフォームの特徴や導入事例、導入した企業からの評判などをまとめて紹介しています。

HRプラットフォームの特徴

タレントマネジメントシステム「HRプラットフォーム」の特徴を簡単にまとめると、このようになります。

  • 社員情報の収集・管理・評価をクラウドで一元管理するシステム
  • 従業員の意識調査や360度フィードバックの分析を簡便化
  • オーダーメード型のシステム構築で必要な機能だけを的確に実装

フォスターリンクが提供している「HRプラットフォーム」は、全ての社員情報をWEB上で一元管理し、人材の育成や管理といった人事業務の手間を大幅に軽減する、クラウド型のタレントマネジメントシステムです。そして同時に、HRプラットフォームは拡張性と柔軟性に優れたシステムであり、企業のニーズや環境に合わせて自由にカスタマイズしていける、オーダーメード型のシステムであることも特徴です。

例えば、初期コストを抑えたまま人事評価を効率化したい企業に対しては、既存環境にマッチするよう調整されたシステムが提供されます。また、人事管理や申請承認といった業務も処理したい場合は、企業ニーズとコストパフォーマンスを見極めながら機能拡張を進めていくことが可能です。

その他、必要に応じてフォスターリンクのコンサルティングサービスや、業務のアウトソーシングも併用することができます。

HRプラットフォームはどんな課題解決に役立つのか

最新の社員情報を簡単に一括管理できる

HRプラットフォームの「社員プロファイル&申請ワークフロー機能」を活用すれば、紙ベースやExcelで管理していた社員情報をクラウドで一元管理した上で、社員自身がネットを通じてリアルタイムで更新していけます。

また、管理項目や書式といった操作性にかかわるポイントは、システム導入時に設定できるため、従来の作業から違和感を抱くことなく、効率的に業務を進めていける点も魅力です。

目標へ道筋の見える化でモチベーションを上げる

経営戦略にもとづいた企業目標や個人目標を設定し、それらの進捗状況を視覚化します。その結果、社員ごとに「今何をすべきか」という成長への道筋が具体化され、モチベーションを高められることも重要です。また、目標はチームごとに共有可能なので、チームとしての行動指針を示す上でも役立つでしょう。

その他、目標管理や人事評価に関するデータは集計後、各企業のルールに従って自動的に総合評価としてまとめられるため、昇給や賞与額に関する計算業務も効率化できます。

個人情報を安全に管理して情報漏えいを防ぐ

HRプラットフォームには、豊富なセキュリティ機能を備えた「マイナンバー管理モジュール」が実装されており、重要な情報の流出を防ぐことができます。

また、離職などで個人情報を廃棄しなければならなくなった場合も、一連の流れを迅速に処理することが可能です。

機能別に比較
タレントマネジメントシステム
24ツール

HRプラットフォームの導入費用

企業ニーズや既存環境に合わせて、導入時にシステムの細部をカスタマイズしていくHRプラットフォームでは、企業によって導入コストも変動します。そのため、まずはトライアル版として用意されている無料デモを利用した上で、操作性や追加したい機能などについて自社のニーズを検討し、改めて導入費用やランニングコストに関する見積を取るようにしてください。

HRプラットフォームの導入事例まとめ

【事例1】人事評価全般のプロセスを大幅に短縮できた

株式会社タニタでは、目標管理を古くから始めていたものの、その管理にはExcelシートを使っていたため、業務の煩雑化がネックになっていました。そこで、既存の目標管理シートに合わせたHRプラットフォームを導入したところ、部下の目標を管理する上司の業務負担が軽減され、日々のコミュニケーションが円滑になったそうです。
その上、その他の人事評価関連プロセスまで大幅に短縮されたことも成果でした。

参照元:フォスターリンク公式サイト https://www.fosterlink.co.jp/introduction-results/tanita/

【事例2】グローバルな人事管理がスムーズになった

沖縄科学技術大学院大学学園では、研究者や職員の大幅増員に伴って、従来の方法よりも進歩的な人事管理システムの導入が必要とされていました。また、研究者や職員の半数が外国人であるため、多言語操作が可能という点も新システムの採用条件でした。
HRプラットフォームは、ユーザーの使いやすさを重視したカスタマイズができる上、日本語と英語の併用設定も可能なため、システム導入後は全員が同じ情報を同じ目線で共有できる環境づくりに成功しました。

参照元:フォスターリンクが公式サイト https://www.fosterlink.co.jp/introduction-results/oist/

まとめ:自社にとっての「使いやすさ」を追求していける

人事評価や目標管理のためにシステムを導入したいと思っても、それを操作する人や環境は会社によって様々です。

HRプラットフォームは企業ニーズに合ったカスタマイズが可能で、必要な機能を選択的に追加できるため、操作性とコストパフォーマンスをバランス良く検討できることが強みのようでした。

HRプラットフォームのサービスの評判をリサーチ

会社全体の業務負担を減らせた

弊社で目標管理制度を導入したばかりの頃は、管理シートを紙やExcelで管理していて、人事担当者に負担が集中していました。そこで、目標管理の効率化と充実を目指してHRプラットフォームを導入したところ、管理シートの配布や回収が非常にスムーズになりました。
また、上司による部下との面談記録も一緒に確認できることも、どうして良かったと思うメリットです。

参考元:フォスターリンク公式サイト https://www.fosterlink.co.jp/introduction-results/taiko-pharmaceutical/

HRプラットフォームの運営会社:フォスターリンク株式会社について

フォスターリンク株式会社では、オーダーメードのシステム提供だけでなく、人事管理の専門家がクライアント企業の顧問としてより良い環境づくりを支援する人事労務顧問サービスなど、人とシステムの両面からの企業サポートが行われています。

  • 会社名:フォスターリンク株式会社
  • 所在地:東京都新宿区高田馬場1-34-6八光ビル7階
  • 設立:2000年10月

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3