タレントマネジメントシステムEXPO » リテンションマネジメント実践ブース

リテンションマネジメント実践ブース

タレントマネジメントシステムEXPOイメージ

リテンションマネジメントとは

リテンションとは「引き留め」を意味し、リテンションマネジメントとは、優秀な従業員ができるだけ長期にわたって組織にとどまり、その高い能力を発揮し続けていけるようにする具体的な施策のことを言います。

定着率を向上させるには

従業員の定着率を向上するための手段を考える時に、給与改善が必ずしも有効とは限りません。社員の志向の多様化が進む中、仕事に対する遣りがいやスキルの向上、ワークライフバランスといったものを重視する社員が増えており、定着率を向上させるためには、具体的な施策を目的別に考える必要があります。

離職率を低下させるには

労働人口が減少する現代においては人材の獲得が競争化しており、転職も増加していることから、優秀な人材の争奪戦が激化しています。よりいい会社を求めて転職を決める社員は少なくなく、離職率の低下を実現するためには、自社の状況を把握しどのように改善して行くべきかを検討する必要があると言えます。

働き方改革を制するリテンションマネジメント

2019年4月、減少する労働人口に歯止めをかけ、「一億総活躍社会」を実現するための政策として、「同一労働・同一賃金」や「長時間労働の是正」などを定めた「働き方改革」がスタートしました。その結果、企業には法的にも意識的にも、従来の労働環境から新しい労働環境への転換が求められており、これまで以上に労働者のモチベーションを高めて、労使間の信頼関係を強化することが重視されています。そこで、まずは働き方改革とリテンションマネジメントの関係や、タレントマネジメントシステムの有効性について把握しておきましょう。

テレワークとリテンションマネジメント

働き方改革の推進によるテレワークの普及は、効率的な働き方ができる一方で離職率の増加やモチベーションの低下などが懸念されています。社員同士のコミュニケーション不足や成長機会の損失により、会社のビジョンが伝わらず退職につながる心配も多いようです。

こうしたテレワークが抱える課題は、オンライン学習やクラウド勤怠管理などのシステム導入によるリテンションマネジメントの検討が有効です。離れていても社員同士が自然にコミュニケーションできる体制を築くことで、ストレスや不安を軽減し離職率の低下を目指せます。社員同士で贈りあえるピアボーナスなど、新しい取り組みを導入する企業も増えています。

リテンションマネジメントでモチベーションを維持・向上

社員のモチベーションを高めるにはリテンションマネジメントの考え方を根底に持っておく必要があります。モチベーション向上の方法はさまざまで、社員同士の交流を深めたり、コミュニケーションを円滑にしたりすることで効果があると考えられています。また、ワークライフバランスの制度を整えるなど、社員が気持ち良く働ける環境作りをすると、社員のモチベーションが〝やらされている〟から〝やりたくてやっている〟に変化。社員のやる気を上手に引き出すことができれば、会社全体の士気を高めることにもつながるでしょう。しっかりと社員のモチベーションを把握し、積極的なタレントマネジメントの導入するのをおすすめします。

メンタルヘルスへの対策

うつ病などの精神疾患を抱える患者は日本全国で増加しており、企業においてもメンタルヘルスの不調を訴える従業員の存在が深刻な問題となっています。そのため、大切な従業員の労働意欲を向上させ、心身共に健康な状態で組織を支えてくれるように、リテンションマネジメントの観点からも、メンタルヘルスに対するケアやストレスマネジメントへ取り組んでいくことが重要です。企業が行えるメンタルヘルスケアとしては、会社として実施すべきものだけでなく、個々の従業員が取り組んでいくものもあり、まずは実態を把握しておくことが大切です。

リテンションマネジメントの具体的な進め方

それでは、実際にリテンションマネジメントに取りかかるためには、具体的にどのような施策を行えばいいかご紹介します。

  • 一般的な給与水準や、他社の人事制度・評価制度の現状を理解し、役割と労働対価に応じた待遇改善をする
  • 業務内・業務外におけるコミュニケーションを活性化して、社内のコミュニケーションを円滑にすることで、働きやすい環境を作る
  • 社員のライフスタイルに合わせて働く時間を調整し、充実した私生活を過ごせるよう、ワークライフバランス制度を整える
  • 社員の仕事ぶりを適正に評価し、また、本人が描くキャリアプランの実現のため、研修や自発的な異動を行えるようにする
  • 多くの人とコミュニケーションがとれるようなオフィスのレイアウトにしたり、コミュニケーションスペースを設けたりすることで、職場環境を整える

リテンションマネジメントの具体的な解決策をピックアップ

いざリテンションマネジメントを行おうと思っても、現状を把握するためには人の手だけでは実現が難しいのも現実です。勤怠分析ツールやAIを用いることで、潜在的な離職リスクまで把握することが可能です。

勤怠分析ツールで離職リスクを改善

離職リスクを把握するためには、勤怠データの分析が有効です。ここでいう勤怠データとは、遅刻や休みをどの程度の頻度で取ったかなどのデータで、勤怠分析ツールを用いて、直近の勤怠データから従業員1人1人の4ヶ月後の離職リスクを高精度に予測することができます。

退職リスクの高い社員を早期に検知することで、従業員のケアを早期に行うことができるので、職場環境の改善につなぐことができます。

AIの自然言語処理技術で離職を防止

離職リスクのある社員の把握のため、アンケートや面談を行う企業が多々ありますが、アンケートや面談では正確な状況や社員の本音を導き出すことができないのが現状です。

そこで、人事が保管している過去に退職してしまった社員の面談記録やアンケートの自由回答の文章などの「定性データ」をAIに学習させ、自然言語処理技術で解析することで、リスクの予兆をより早く正確に検知し、適切な対応を行うことができるようになります。

人材の徹底管理(タレントマネジメントシステム)で優秀な人材の流出を防ぐ

タレントマネジメントシステムで人材を徹底管理することで、リテンションマネジメントを効率的に行うことができます。 例えば、タレントマネジメントシステムで、対象となる人材のストレス・意欲傾向、上司や同僚との相性、職務適正、個人の特性などを分析してその結果を可視化することができます。

そのデータを活用することで、人材育成やモチベーションの向上に役立て、ひいては優秀な人材を確保し続けることにつながります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3