タレントマネジメントシステムEXPO » タレントマネジメントとは?ご案内ブース

タレントマネジメントとは?ご案内ブース

タレントマネジメントシステムEXPOイメージ

タレントとは

タレントマネジメントシステムの「タレント」とは、日本語で「才能」や「技量」と訳されます。タレントマネジメントシステムとは、業務に従事する従業員の才能や技能を会社側が正確に見出して管理し、それらのデータをもとに従業員ひとりひとりが自らのスキルを最大限に発揮できるための人事システム作りを意味します。

タレントマネジメントの背景

そもそもタレントマネジメントとは、1990年代にアメリカで誕生した人事管理に関する考え方です。アメリカの大手企業の間で、次世代の幹部、リーダーを把握し育成するための手法として取り入れられてきました。

そこから、次世代リーダーの育成にとどまらず、タレントマネジメントの概念を活かして経営目標の達成のために効果的な人員配置を行うために幅広い人材の情報を管理するように発展していきました。

日本への導入理由

アメリカのタレントマネジメントの考え方は、その後日本企業でも取り入れられるようになります。日本にタレントマネジメントの考え方が導入された理由は、主に下記の2つになります。

労働環境の変化

時代の変化に沿って従業員の雇用形態が多様化し、これまで当たり前だった終身雇用だけでなく様々な働き方をする人が増えてきました。企業側も旧来型の人事管理システムでは従業員を十分に管理できなくなり、タレントマネジメントシステムの導入が必要になってきました。

従業員の意識の変化

労働環境が変化する中で、従業員側も会社の画一的な人事管理システムに対しうまく対応できなくなり、モチベーションを下げて離職する人が増えてきました。職域の多様化や単純な労働人口の減少を受けて、従業員の確保・定着は会社にとって最重要課題となってきていることも重なり、従業員それぞれのスキルを管理して適正配置を行い、小さな単位の組織の健全性を常に管理しておくことが、企業の安定成長に欠かせなくなってきたのです。

結局おすすめは?
3つのタレントマネジメント
システムを比較

タレントマネジメントシステムの目的

タレントマネジメントシステムの目的は、経営目標の達成のために、適切な人員の配置や育成を行うことです。そのためには、従業員のスキルや経歴を管理し、組織の健全性を分析する必要があり、まずは人事情報の集約が必要となります。

タレントマネジメントシステムの導入手順

すでに日本でもさまざまな企業がタレントマネジメントシステムを導入して実際に活用しています。タレントマネジメントシステムは大まかに以下のステップで活用されます。

  • 導入目的の確定
  • 情報収集
  • 人材採用・育成
  • 人材配置・活用
  • 観察と修正

導入目的の確定

WEBなどでタレントマネジメントシステムとして紹介されていても、製品によって機能やできることが異なります。

各タレントマネジメントシステムの導入事例を見ると、導入で成功している人事は特にこの段階を慎重に進められているようです。自社の抱えている問題や解決すべき課題をリストアップして、それぞれのシステム会社に問合せをしながら検討を進めていきます。

当サイト「タレントマネジメントシステムEXPO」では、人事が解決したい課題に合わせて、24製品ものタレントマネジメントシステムの機能を比較しておりますので、どうぞご覧ください。

情報収集

導入を行ったタレントマネジメントシステムによって異なりますが、主に人材情報を専用のツールを通じて可視化できるようになります。所属組織や経緯のほか、スキルや評価、適性データを紐づけて一元管理を行うことでタレントマネジメントの推進を行えます。

タレントマネジメントシステムの活用は、これまで拠点やセクションそれぞれで管理されていた人事台帳や評価データ、企業によっては営業所のマネージャーだけが握っているような情報をデータ化させるところから始まります。企業にとってはタレントマネジメントシステム導入における大きなハードルのひとつですが、RPAや導入サポートのようなサービスを併用している製品もあり、データ化の助けになる場合があります。

人材採用・育成

改めて社内の人材を見直し、適切な人材配置が行われているか確認します。経営目標を達成させるうえで今後必要になる従業員のスキルや人数、社内でパフォーマンスを出している従業員の適性と近い人材を採用するといったようなファクトベースの採用活動など、データが収集された時点で御社の可能性は拡大するでしょう。

人材配置・活用

経営目標達成の上で必要な人材の育成や効果的な配置を分析し実行します。タレントマネジメントシステムの中にはBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを用いて経営層への理解を得やすい分析結果を作成することができるものや、見やすい画面で人員配置のシミュレーションやその結果予測を行える製品もあるので、業績目標達成に向けて根拠のある組織編成を構築できます。

観察と修正

経営目標の達成に有効な人員配置が完了したら、実際にどのような効果を得られるのか、データの収集を行い、必要であれば適宜組織やミッションを組み替えていくような運用が必要です。人事だけでなく各部署・各拠点の管理職を連携をして、人員配置の観察と修正を進められるしくみ作りを行いましょう。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3