B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

タレントパレット

タレントパレットの公式サイトキャプチャ
引用元:タレントパレット
https://www.pa-consul.co.jp/TalentPalette/work/

人材活用にマーケティング思考を取り入れることで、採用ミスマッチの防止や離職防止、人材育成の最適化まで幅広く人事全般の悩みを解決することができる人材活用プラットフォーム「タレントパレット」を紹介しているページです。

人材管理システム「タレントパレット」の特徴

タレントマネジメントシステム「タレントパレット」の特徴を簡単にまとめると、このようになります。

  • 人事データを経営意思決定のエビデンスにする
  • 活躍社員のスキルや内面を分析することで、自社に必要な社員像を見える化する
  • 在職者の働き方やモチベーションを評価時面談の履歴でAIによるスコア分析で離職予防につなげる

組織構成や年齢、性別等の社員情報の統計をもとにしたダッシュボードでリアルタイムに現状を分析できます。

人事データ分析の結果、人材育成のため戦略的にジョブローテションの実現や自社の事業戦略に合致した人事制度となっているかチェックができる。

人事部の顧客は自社の社員というのは以前から言われているが、マーケティング思考を取り入れ他組織分析で、組織の現状と未来の形作りに活かすことができる。

タレントパレットはどんな課題解決に役立つのか

社員や経営層が納得するエビデンスに基づいた人事戦略実現

様々なデータを複合的に組み合わせ、数値を根拠にした科学的人事を実践することができます。

採用のミスマッチを防ぎたい

400万件を超える検査結果に基づいた自社で独自に開発した適性検査を全社員無料で受けることができ、採用のミスマッチを防ぎます。

人材を見える化したい

経歴やスキルをデータベース化し、パフォーマンスを最大化するための最適配置を考察します。

機能別に比較
タレントマネジメントシステム
24ツール

タレントパレットの導入費用

タレントパレットは、公式サイト上に料金の表示がありませんでしたが、取材を行ったところによると、初期費用が50万円(税別)、月額料金が18万円が最も低価格のプランとのことでした(2019年12月当時)。

タレントパレットの導入事例まとめ

【事例1】全社員共通人事制度の導入…すべての課題を解決できた

導入のきっかけ:有期契約社員を含む全社員を正社員化し、雇用形態を統一するにあたって各社員が保有するスキルや資格を可視化して全社的な人材登用の必要性を感じていた。
このような課題を総括的に解決できるタレントマネジメントシステムとしてタレントパレットを導入。
導入で感じた効果:社員のモチベーションが向上し、新たしいことに挑戦する雰囲気ができることで採用難の時代に備えることができた。

参照元:タレントパレット https://www.pa-consul.co.jp/TalentPalette/case/details/case03.html

【事例】科学的な人材マネジメントを目指しタレントパレットを導入

日本の製造業における技術力の高さは、今や世界中の市場で常識化している。日本の製造業がそのような評価を受ける中、評価の拡大とともに急成長を遂げたのがA社であった。 自動車生産設備で海外進出したことをきっかけに、事業が急成長したA社。2020年現在では、国内に1800名、海外拠点と合わせたグループ全体で6,000名を超える従業員が働いている。 海外拠点を多く抱えるA社にとって、グローバル人材の確保は常に課題だった。しかしながら、長きにわたり「社内で目立つ人」や「自分でスキルを上げていく人」をグローバル人材としていたA社。このままでは後継が育たないとの危機感を抱き、2016年、社内の横断組織である「人材開発センター」を設立した。

センターの設立によって科学的人事に乗り出したA社は、社員全員の人材マネジメントを効率的に行うべく、タレントパレットを導入。全社員の顔、名前、資格、研修内容、異動履歴などを一元管理できる人事システムへ向け、第一歩を踏み出した。

なおA社は、タレントパレット以外にも3社のシステムを比較したそう。それらの中で、「自社の状況に合わせて自由度の高いシステム作りが行える」という理由で、タレントパレットを選択したとのことだ。

タレントパレットを導入したことにより、人事データの「管理業務」が「活用業務」へと変化。適材適所と人材の効率的な育成を目指したタレントマネジメントシステムが、少しずつ構築されつつある。

参照元:タレントパレット https://www.pa-consul.co.jp/TalentPalette/case/details/case04.php

【事例】人事情報の可視化を通じて社員の定着率向上を目指す

人材サービス業において国内大手のB社。少子高齢化にともなう構造的な人材不足を背景に、ゆるやかな景気回復も手伝って、2018年には有効求人倍率が過去最高を記録。極端な売り手市場となり、企業では採用難の状況が続いている。

そのような中、人材マネジメントにおける最重要課題は、新規採用もさることながら既存社員の流出を防ぐこと。すなわち、人材不足という状況は、企業における人事上の発想を、「採用」から「定着」へとシフトさせた。

社員が定着しない理由には、様々なものがある。適材適所に配置されずに本来の能力を発揮できないこと、伝統的なマネジメント体制の中に才能が埋もれてしまっていること…等々。結局、人材データをきちんと活用できていないことが、社員の定着を阻んでいる大きな理由と言える。

これら理由を背景に、人材サービスを提供するB社は自社でのタレントマネジメントシステム構築を考えた。しかしながら、システムの構築には多大な時間と費用がかかることから、外部で構築されたシステムの導入を検討。複数社のシステムを比較し、人材の可視化や機能の拡張性で優位性のあったタレントパレットを導入するにいたった。

導入以降、B社では社員の現状を可視化できるようになった。可視化から浮かび上がった人事上の問題については、週1回の経営会議に乗せることとした。加えて、周囲や本人へのヒアリングを行い、必要に応じて適所への配置換えを行うようにした。

社員の定着に大きく貢献するものと期待し、今後もシステムを最大限に活用していくとのことだ。

参照元:タレントパレット https://www.pa-consul.co.jp/TalentPalette/case/details/case01.php

【事例】人材発掘の効率化から経営判断が的確かつスピーディになった

住宅・不動産情報のポータルサイト運営などを手がける東証1部上場企業のC社。「日本一働きたい会社」に選出されるなど、社員の満足度が高い会社としても知られている。 実はC社の躍進を導いてきた影の立役者が、同社の執行役員人事本部長でもあるD氏。魅力的な会社の作り方に関する著書もあるなど、D氏は人事のカリスマ的存在として有名だ。 そんなD氏が振り返るに、かつてC社の人材マネジメントは、リーダーたちの頭の中で行われていたとのこと。Excelなどでの管理は、やがて続かなくなるとの経験則から、人材マネジメントはリーダーが頭の中で管理する方法が効率的、と考えていた。

ところが会社が大きくなって社員数が増えるにつれ、頭の中だけの管理が限界に。そこでD氏が導入したシステムが、タレントパレットだった。

複数のタレントマネジメントシステムを比較し、最終的にタレントパレットに決めた理由は3つ。1つ目が社員情報を可視化できること。2つ目が社員情報を簡単に分析できること。3つ目が意思決定者に対して簡単に情報を伝えることができること。可視化ができるシステムは他にも多かったが、これを分析できるシステムが他に少なかった。その点が特にタレントパレットを選んだ決め手となった。

タレントパレットを導入後、人材情報を簡単に発掘できるようになったことから、経営判断が的確かつスピーディになったそう。次なる経営人材のセレクトも具体化し、将来の育成について上層部が話し合える体勢が構築された。

参照元:タレントパレット https://www.pa-consul.co.jp/TalentPalette/talentmanagement-lab/489

まとめ:エビデンスのある科学的人事で経営課題を解決

人事情報は定量的なものは集まっても、定性的な部分は蓄積が難しかったが、マーケティング思考に基づく情報分析により採用のミスマッチや離職防止に効果があるようです。

タレントマネジメントを進める上で「なぜそうなるのか」の根拠を明らかにする必要がある中で、エビデンスを重視した説得力のある数値を提示できる点が強みといえます。

タレットパレットのサービスの評判をリサーチ

非常にわかりやすい操作性

基本的には操作がドラッグ&ドロップで完結するユーザーインターフェイスも親しみやすく使いやすい。
ス人事異動後のシミュレーションが簡単に行える。
平均年齢、平均勤続年数、実績が人事異動後にどのように変化するのか一目瞭然。

参照元: ITreviewhttps://www.itreview.jp/products/talentpalette/reviews

タレントパレットの運営会社:株式会社プラスα・コンサルティングについて

見える化技術を使った協業ビジネスや顧客の声を収集、分析、共有、活用する仕組みづくりの構築やコンサルティング事業も行っています。

  • 会社名:株式会社プラスアルファ・コンサルティング
  • 所在地:東京都港区浜松町1−18−16住友浜松町ビル6F
  • 設立:2006年12月25日

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3