B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

公開日: |更新日:

リテンションマネジメントの必要性

リテンションマネジメントを導入するメリットをはじめ、企業がリテンションマネジメントを取り入れる必要性について総合的に解説します。

どうしてリテンションマネジメントが必要なのか?

令和のビジネスパーソンや経営者にとって、会社が適切にリテンションマネジメントを取り入れるかどうかの判断は、企業価値を考えていく上で重要なポイントです。

現代は有能な人材の確保が不可欠

終身雇用制が当然だった時代であれば、優秀な社員が転職したり、同業他社からヘッドハンティングされたりといったリスクもそれほど高くありませんでした。しかし、すでに終身雇用制は崩壊し、さらに労働人口の減少も相まって、現代は昔よりも転職しやすい時代といえます。

言い換えれば、それは企業にとって貴重な人材や優秀な社員が他企業へ流出してしまうリスクが高まっているということでもあります。そのため、リテンションマネジメントによって社員と会社との信頼関係を構築し、社員の労働意欲を高めておくことは、単に生産性を向上させるだけでなく、大切な社員の流出を防ぐという点で非常に重要な企業戦略といえます。

社員のメンタルヘルスケアにリテンションマネジメントは有効

社員を単なる労働力として見るのでなく、大切な人材として見ることは、リテンションマネジメントの基本です。そしてまた、それは社員のメンタルヘルスケアを考える上でも無視できないポイントといえます。

現代はうつ病や精神疾患などメンタルヘルスに関する問題が一般的になっており、企業の規模や業種・業態に関係なく、社員に対する適切なケア環境を整備していくことが求められています。

リテンションマネジメントを導入するメリット

新入社員の定着率を高める

どれほど魅力的な人材が入社してくれても、すぐに会社を辞められては意味がありません。そこで、企業にとっては貴重な人材の定着率を高め、離職率を軽減させる取り組みが不可欠です。

リテンションマネジメントは、個々の社員と会社のつながりを強めるだけでなく、社員同士のつながりを強化して、職場環境や労働環境をより良い状態へ改善していく上でも重要です。

今いる社員のスキルアップを促進させる

たとえ従業員の数が少ない会社であっても、働いている人材がそれぞれ優秀で意欲的であれば、高い生産性や企業成長を目指すことが可能です。

リテンションマネジメントが適切に効果を発揮していれば、社員の個々の自己認知を促して、一層に成長していこうという熱意の活性化にも有効です。

社員の異変に気づきやすくなる

社員が会社を休んだり辞めたりする理由は、転職だけではありません。むしろ、心身のバランスを崩してしまい、ドクターストップがかかってしまうこともあるでしょう。

しかし、リテンションマネジメントを効果的に実施していれば、社員の異変や異常も早めにキャッチできる可能性が高まります。また、上司や経営者が部下の異変を見逃してしまったとしても、社員と会社との間に信頼関係が構築されていることで、その他の部下が同僚の異変を報告してくれることを期待できます。

リテンションマネジメントを導入しないままで生じるリスク

人材育成や採用活動に費やしたコストが無駄になる

人材育成や採用活動は、将来的に優れた社員を獲得するための投資です。しかし、社員が簡単に辞めてしまっては、費やしたコストを回収できず、費用的な損失が増大します。

企業の生産性が低下する

社員が辞めれば、それだけ業務効率や生産性も悪化するリスクが高まります。また、簡単に同僚が辞めてしまう環境は、残された社員の労働意欲を大きく減退させて、さらに業績悪化へ負のスパイラルが形成されるかも知れません。

企業イメージが悪化する

社員からの不満が大きくなれば、それは社外へ広がって、世間からの企業イメージを悪化させることにもつながります。当然ながら、悪いイメージの企業へ魅力的な人材が就職希望する可能性は低く、ここでも悪循環が形成されます。

もし、社員の命に関わる事態がおこってしまった場合、企業としての存続さえ危ぶまれる恐れもあるでしょう。

リテンションマネジメントに役立つ
タレントマネジメントシステム

リテンションマネジメントは手間がかかる

社員それぞれの情報を適切に管理して、そこから人事評価や人材育成に必要な情報を収集・分析していく作業は、手間がかかります。そのため、会社の規模が大きかったり、人事部門のスタッフが少なかったりすれば、それだけ担当者への業務負担が増大します。

そこで、リテンションマネジメントを実施・継続していくには、人材管理や人事評価の業務効率を改善させることが不可欠です。

タレントマネジメントシステムの特性を比較検討する

タレントマネジメントシステムや人事評価システムには、様々な製品やサービスがあり、機能や導入費用、ランニングコストなどといった特徴にも違いがあります。そのため、自社ニーズや環境を踏まえた上で、最も適していると思われる製品を選ぶことが大切になります。

最適なシステム選びには自社の問題点を理解することが必要

理想的なタレントマネジメントシステムを選ぼうとすれば、何よりもまず、自社の人材管理における課題や問題点を理解することが欠かせません。

経営者や責任者にとって、自分の会社や部署に問題があると認めることは難しいこともあるでしょうが、むしろ課題は企業成長における伸びしろでもあります。自社の弱点をきちんと見つめて、それをカバーしてくれるシステムを選んでいくことが、マネジメント環境の改革の第一歩といえるでしょう。

料金と機能の比較

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題13項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

項目

解決できる課題

13項目

+

・人事情報を一元管理したい
・自社特有の項目を追加したい
・人事評価をラクに管理したい
・人材のスキルを管理したい
・採用情報や進捗を管理したい
・適性検査をしたい
・適材適所への人員配置をしたい
・権限設定を自由に設定したい
・定着率を向上させたい
・残業の多い部署を特定したい
・過去のデータを活かして分析したい
・導入時の構築フォローも依頼したい
・評価されているシステムを導入したい

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

1万円 / 月~

サポート

導入サポート料金
( 税別 )

無料

利用したいクラウド型人事管理システムNo.1
人事担当者が選ぶ人事管理システムNo.1
経営者が選ぶクラウド型人事管理システムNo.1

※日本マーケティングリサーチ機構調べ 2019年7月 ブランドのイメージ調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-18:00)

タレントパレット

項目

解決できる課題

12項目

+

・人事情報を一元管理したい
・自社特有の項目を追加したい
・人事評価をラクに管理したい
・人材のスキルを管理したい
・採用情報や進捗を管理したい
・適性検査をしたい
・適材適所への人員配置をしたい
・権限設定を自由に設定したい
・定着率を向上させたい
・残業の多い部署を特定したい
・過去のデータを活かして分析したい
・評価されているシステムを導入したい

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

サポート

導入サポート料金
( 税別 )

記載なし

ITトレンドランキング1位

※ITトレンド上半期ランキング2019

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

カオナビ

項目

解決できる課題

12項目

+

・人事情報を一元管理したい
・自社特有の項目を追加したい
・人事評価をラクに管理したい
・人材のスキルを管理したい
・採用情報や進捗を管理したい
・適性検査をしたい
・適材適所への人員配置をしたい
・権限設定を自由に設定したい
・残業の多い部署を特定したい
・過去のデータを活かして分析したい
・導入時の構築フォローも依頼したい
・評価されているシステムを導入したい

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

6.98万円 / 月~

サポート

導入サポート料金
( 税別 )

200万円

シェアNo.1人材管理システム

※ITR「ITR Market View:人事・人材管理市場2020」人材管理市場-ベンダー別売上金額シェアで5年連続1位(2015~2019年度予測)

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。➡比較を行っている人事の課題13項目とは

料金と機能の比較

タレントマネジメント
システム

3