B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

目標管理ツール3選

目標管理とは

目標管理とは個人やグループでの目標を設定し、その達成度により人事上の評価を行うことを指します。

通常個人またはグループの目標は経営目標と連動します。

個人またはグループの業績を上げることで会社全体の到達すべき目標を達成していくという仕組みです。

個人の目標達成が評価され、企業全体の業績向上に影響することから経営目標を自分ごととして主体的に捉えられるようになるという利点があります。

MBO、OKR、KPIはどう違うのか

MBOは経済学者ピータ・ドラッカーが提唱した人事制度です。

通常個人ごとに設定した目標に対してどれだけ到達したかで評価をする仕組みです。

OKRは会社の経営目標に基づき部署などのチームごとに定性的目標を定めます。

個人やチームに与えられた定量的な目標を達成すると会社全体の目標に到達するという特徴があります。

KPIは会社の目標達成に必要な個人ごとの目標を定量的に数値化したものです。

OKRと異なり目標達成のためには個人が課せられた数値目標を100%達成する必要があります。

目標管理導入時の注意点

目標管理制度を導入する際の注意点をまとめました。

成果主義導入に失敗した企業は目標管理の仕組み化につまずいたのが原因です。

低い目標設定

MBOで社員に自分の目標を設定させると、達成できなかった場合の低評価を懸念してクリアしやすい目標設定となりがちです。

これでは企業自体の業績の向上にはつながりません。

この場合は面談等で、適正な目標設定に導いてあげる必要があります。

過度な個人主義に陥りやすい

MBOやKPIでは個人の目標管理が中心となるため、チーム意識が希薄になる可能性があります。

他者の手助けをすることは自分の評価に繋がらないため、連携や情報の共有がなく組織からコミュニケーションが奪われるおそれもあります。

その問題を解消するために目標管理としてOKRを導入し、チーム意識や一体感を醸成する企業が増えています。

成果を見える形にする目標管理ツール3選

経営目標を達成するために、社員に適切な目標設定をする必要があります。

目標管理におすすめのツールをご紹介します。

HRBrain

HRBrainでは目標や成果をクラウドで簡単に管理できます。

面倒な作業を極力削減することで目標管理に集中できるツールとなっています。

サイダスMBOcloud

サイダスが提供するMBOcloudでは自社の目標管理制度のフレームに合わせて導入できるのが特徴です。

過去の評価履歴を参照できるため、人材マネジメントも容易に行えます。

ヒトマワリ

フローを組んで評価管理ができ、目標管理で一番時間と労力のかかる面談の調整もスムーズに行えます。

マネジメント層の業務効率や負担を大幅に改善することができます。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3
3

高機能な
タレントマネジメントシステムを
導入コストで比較

タレントマネジメントシステム導入で解決できる人事の課題11項目を挙げ、より多くの機能で課題を解決できる製品の導入・運用費用を比較しています。

ヒトマワリ

初期費用

初期費用

無料

月額料金

月額料金 ( 税別 )

4.5万円 / 月~

項目

解決できる課題

11項目

  • 更新しやすい人材データベース
  • 感覚的に操作できる分析ツール
  • 選考状況が一目でわかる採用管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日10:00-19:00)

カオナビ

初期費用

初期費用 ( 税別 )

49.8万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

3.98万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 人事以外にも情報共有できる
  • 高度なセキュリティ体制
  • 性格やモチベーションまで一元管理

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

タレントパレット

初期費用

初期費用 ( 税別 )

50万円

月額料金

月額料金 ( 税別 )

18万円 / 月~

項目

解決できる課題

8項目

  • 異動シミュレーションが簡単
  • 社員のスキルを数値化できる
  • スマホで回答できる従業員満足度調査

公式サイトで
詳細を見る

電話で相談してみる
(平日9:30-18:30)

※初期費用、月額費用は独自取材による参考価格です。機能や導入企業の規模によって異なりますので、正確な導入費用については直接お問い合わせください。月額料金においては、すべて最小料金のプランで比較しています。ヒトマワリは1年単位の契約における料金となります。

多くの課題解決ができる

タレントマネジメント
システム

3